前部標識

tadami202002_00536_00001越後須原take1b

  只見線 越後須原  2020年









誤解が多いが俗にいう「前照灯」ではなく「前部標識」が正しい。

前方の行路を照射する自動車のヘッドライトとは根本的に発想が異なり、

あくまで列車の先頭である事を示す標識でしかないから、遠方までの照射は想定すらされていない。

線路上に障害物など無い事が前提で、そもそもこれで照らせる範囲まで接近していたらもはや停まれないのが鉄道車両の習いであって、

せめてその明かりに相手が気付くのを期待するばかりである。

そう聞けば頼りなげな行灯も、こんな吹雪の線路際では待ち遠しい。










© 2011 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村



myanmar201807_30967_00001タイヤーゼtake1bb2



マンダレイの線路市場。

此処でもデモ隊と警官隊が衝突、実弾の発砲も。

それでも変わらぬ毎日が今もある事を願う。


ミャンマーの軍事クーデターに抗議します。


スポンサーサイト



[ 2021/02/25 20:31 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(2)

私も平和なミャンマーに戻ることを願うばかりです。風太郎さんの写真展で見た貧しくても楽しそうな笑顔を人々を一度見に行きたいと思っていたのに。コロナで行きにくくなって、クーデターで一層遠い世界になってしまうのでしょうか。今の状況で解決の糸口が見つけにくいのも実情だと思います。内戦にならず開かれた民主的な国に戻ってきてほしいです。国軍の考えを変えさせるのは世界中からの外圧しかないのかなぁ、どうしたらいいのやら 難しい。
[ 2021/02/27 17:57 ] [ 編集 ]

今は推移を見守るしか


yuzzuさま

拙写真展でミャンマーに関心を持っていただけたなら嬉しいですね。

写真展はあくまで旅人として一期一会の印象を綴ったもので、
何処までこの国の実相を分かっているのかと問われれば答えに窮するのも事実です。
偶然そのレベルであの目立つ発表になってしまった訳ですが、ほんの序章に過ぎないそれを出発点に、
もっともっとこの国の各地を訪ね人々と交わって実相に近付きたいと思っていたただけに残念でなりません。
一度根付いた民主化や経済発展の恩恵は軍部も無視できないはず、このままでは済まないとは思いますが、
今は推移を見守るしかありません。まあ、英語位もう少しマトモになるようこの時間を活かしますよ。
[ 2021/02/27 19:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/2001-fa3425d8