ああ銀箱

_DSC4026b.jpg






銀箱買いました。

と言っても最近のトリテツ君たち、分からなかったりしないだろうね。 「アルミ製でハードな造りのカメラバック」ですな。

とにかくデカイんです。 全長42cm、全幅25cm、重さ3.4kg。 収納物を全部詰めたら12kgになりました。

おめぇ馬鹿じゃねえの、こんなの担いでテツやる気かという声はごもっともですが、

これは自宅では機材保管箱、いざ鎌倉の際は車のラゲッジにどっかり据えた前線基地という用途なんですね。

最前線では此処から小型バックに適宜必要な機材だけ移して出発です。

従来その用途に使っていた大型ソフトバックがボロボロになり、中身の緩衝材があちこちから飛び出してくる事態になって、

その後継という事なのですが、場合によっては飛行機の預け荷物にもなる可能性を考えると、なるべくハードなケースがいいかと。


此処からは回想モードに入りますが、風太郎の若い頃は「銀箱にあらねばテツにあらず。」という時代でした。

一度人に連れられて行った復活蒸気運転の際、ボックスシートのみならず、網棚、通路、あらゆるところを銀箱が占領していた光景が目に浮かびます。

それらはことごとくデコレーションされており、色とりどりなブルトレとか「エル特急」とかのHMステッカーはど定番なら、

英数字のステッカーを一枚づつ丁寧に貼った、「EF5861」とか。

ああ日本国有鉄道最後の日々は銀箱と共に在り。


そういう「属性」への反発を旨として、風太郎は天邪鬼にも銀箱そのものを拒否しておりました。

いやそれは詭弁であって、銀箱は高かったのと、全てが徒歩の撮影行にあってあの重さは耐えられないと踏んでいたのです。

で、使っていたのはボール紙の芯にビニールレザーの外皮を貼り付けたような、軽いだけが取り柄の安物でありました。

「踏み台に使える」という銀箱の利点だけは羨ましく、止むに止まれぬ場面でボール紙バックの上に乗ったらベコリと凹みました。


それから幾星霜、すっかり廃れて今や絶滅危惧種になった銀箱を今更買うのも相変わらずの逆張りモードですが、いろいろ感慨もあり。

どれ踏み台にしてみようかいと、天板に足を掛けたらじわりとたわんで、よく見たら「乗るものではありません。」との注意書きが。

最近のはヤワになったのか、いや昔と比べて4割増しの体重が悪いのか釈然としませんが、

リヤゲートの向こう、万年床の上にピカピカ光る存在感。 (寝る時は運転席に移動させます。)






© 2011 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2021/01/04 21:27 ] 写真道具 | TB(0) | CM(4)

目から鱗

こんばんは。
遅まきながら、本年も宜しくお願い致します。

銀箱、私も当時からあまり好きではなかったです。
特にステッカーだらけのやつ… 如何にもって感じでしたね。
と言いつつ私も一つ持っておりまして、今では部屋のいい邪魔者です。
ですので風太郎さんの使い方、なるほど♪ と目から鱗が落ちました。
[ 2021/01/04 22:12 ] [ 編集 ]

前進基地方式


いぬばしりさま

昔はカメラバック売り場を席巻した銀箱、いまや数えるほどのモデルが現存するのみ。
いっそヤフオクで中古でも買うかあと思ったのですが、見るも無残な状態のものが多いんですよね。
昔はエエカッコしい感満点だったのですが、手荒い扱いに耐えるある意味本物のプロ機材に変わったのかも知れません。

車テツ専用ではありますが「前進基地方式」はなかなか具合がいいですよ。
また出発してから忘れ物を思い出す事が多いので、必要なものはオールインワンに収納しておけるヤツがいいんです。

こちらこそ宜しくお願いします。緊急事態だとお、山の空気を一人吸った方が余程健康になるわいと思うのですが。
[ 2021/01/04 22:38 ] [ 編集 ]

銀箱にはご縁なく

極めて遅まきながら、本年もよろしくお願いいたします。

銀箱、昔々もそして今もご縁がないですねぇ。昔々は高かったので、
アルミじゃなくてもっと柔なカメラバック。
座席替わりにしたらクチャっと潰れるだけでした。

今もバックパック方式でないと2台使いレンズ4本は収納できないし、
歩けないし。
車鉄中心なのですが、駐車スペースから至近を立ち位置とするだけでも
ないもので。
ボディとレンズを決め打ちすりゃいいんですが、馬齢を重ねてなかなか煩悩が
去らないんですよ。
[ 2021/01/07 12:53 ] [ 編集 ]

スタイルは人それぞれながら


マイオさま

うろ覚えなのですがあの当時のソフトバックというのはほとんど実用性が無い安物か、
テンバを代表とする報道系プロ向けの超高級品かどちらかだったような。

まあ写真のスタイルは人それぞれですからこれで良しというのは無いのですが、
私なら16-35mmの広角ズームと70-200mの望遠ズーム、ついでに50mmをポケットに忍ばせれば90%以上の写真は撮れますよ。
最近の「着るカメラバック」なるジャケットだったら、あれバック要らないじゃん、という身軽さですよ。


[ 2021/01/07 21:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/2031-3fe9344b