さらば日高本線

hidaka1201310_362take1b.jpg

  日高本線 厚賀  2013年








2本のレールはまるで回廊のように、太平洋の荒波が洗う海岸段丘の凹凸を忠実にトレースしながら伸びている。

彼方に微かな灯りを認めてから途中大狩部での停車も含め、この写真の隅から隅まで列車が横切るのに10分近くを要する。

吹き飛ばされそうな強風の段丘上に立ち、呆けたようにその風景を眺めるばかりである。

日高拓殖鉄道のこの区間の開通から数えても約百年。

此処に線路を敷く事を考え、実行した先人の鉄道への情熱。 突き動かしたこの土地を拓く事への決意。

それらを無言のままに伝えた鉄路が明日終焉を迎える。


もう一度、それも真冬の厳しい季節にと、渡道を計画していたそのひと月前の高潮で不通になったまま、

戻る事は無かったというのも昨今珍しく無いとはいえ切ない最期になった。


世界にも誇れるはずの稀有な鉄道風景とはいえ、その維持に巨万の費用を投じる事の限界も分からなくはない。

しかしだからこそ記憶の遺産として永遠に伝える写真の価値を信じたくもあり。

やがて荒波に侵食されその痕跡さえ消え失せても。 

鉄路ここに在りき。 さらば日高本線。











© 2011 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


01678ghhh.jpg



日本での抗議行動に対しかまびすしいツィッター民の反応は。

「日本人には関係ない」「自分の国に帰ってやれ」。

おい有料会員制なんとかチャンネルとか、金儲けに長けた扇動者の号令一下、

寝ても覚めても「ウイグルを救え」の情熱は、それをただダシに使っているとは言わないなら。

100分の1でいいからこっちにも分けてやってくれ。


ミャンマーの軍事クーデターに抗議します。

スポンサーサイト



[ 2021/03/31 19:39 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/2078-cdd93925