風太郎のRAKUEN

yoron1.jpg
 鹿児島県 与論島  2006年

yoron2.jpg
 鹿児島県 与論島  2006年

三好和義という今や大御所写真家が1985年に出版した「RAKUEN」という写真集がある。

モルディブやセイシェルをこれでもかと明るく、あっけらかんと切り取ったもの。

当時風太郎は数枚のダイジェストを見ただけだったが、眉間に皺を寄せた土門拳のごとく影の

あるドキュメンタリーや、高湿多雨な日本の気候を反映した「湿っぽい」風景写真を見慣れて

いた風太郎としては、この作品のあまりの「影の無さ」と、ヌケの良さ、当時わずか27歳

の彼の、そういう写真に木村伊兵衛賞を取らせたという写真界の変化に度胆を抜かれたもの。


雪国など湿っぽい写真好きと思われる風太郎だが、実は三好チックな「RAKUEN写真」は大好きなのだ。

これは奄美諸島の与論島で撮ったもの。モルディブとかじゃなくて日本の一部で、しかも「鹿児島県」という

ところがイイし、これ以上の講釈はいらないでしょ?



HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

スポンサーサイト
[ 2011/10/04 21:12 ] 自然風景写真 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/22-a898df5e