怒涛のDD51

bakkukaidd511b.jpg
    宗谷本線  抜海  1988年



風太郎の「鉄」趣味は根っからの叙情派で、車両そのものに興味が薄く、車番がどうこう、◯次型が

どうこうという話はさっぱりついていけないのだが、DD51という機関車は各地で馴染みがあったこと

もあり、別格である。一度この機関車を正面からドーンと撮ってみたかったので、寒風吹きすさぶ

サロベツ原野、抜海駅の脇に300ミリを据える。


無論安全な場所から撮っているのだが、雪煙をあげて高速で接近してくるカマは異様な迫力で、ファイ

ンダーにみるみる膨らんで来ると、思わず逃げ出したくなった。

このカットの直後、風太郎の視界は完全ホワイトアウト、レンズのフードはびっしり雪が詰まっていた。


北辺の地で味わった、豪快すぎるカマの洗礼。





「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト

風太郎様、こんばんは。

蒸気世代でない私も、非電化路線の主役はDD51でした。
特に北のDDは厳ついプロテクターや、びっしり着雪したその姿がとても迫力があって大好きでした。
この写真を拝見すると、DDが全盛だった頃を思い出します。
[ 2012/05/01 23:05 ] [ 編集 ]

DD51

風太郎さま

結構DD51好きですね!

これは、客車を牽いているのかそれとも貨物!?
[ 2012/05/01 23:17 ] [ 編集 ]

DD

いぬばしり様

こんばんは。

非電化区間が好きだったので、当時カマと言えば好きも嫌いもコレしかなく。

キハには無い「重さ」には惹かれました。
[ 2012/05/01 23:57 ] [ 編集 ]

不明

狂電関人さま

よくぞ聞いてくれました。

「謎」なのです。昔から時刻表にない貨物のスジを確認するような芸は無く、
貨物を待って撮ったとも考えづらいのですが、この当時客レがあったのか、
当時の時刻表も手元に無いので不明なのです。

教えて。(^^;
[ 2012/05/02 00:05 ] [ 編集 ]

こんばんは。いつもすばらしい写真を見せていただいてありがとうございます。抜海駅の様子から無人化以後のものとして間違えありませんので、貨物列車ではありえず、定時運行していて臨時列車でないとすれば、上りの急行宗谷としか考えられません。機関車の後には14系客車が続いているものと思われます。
[ 2012/05/03 00:49 ] [ 編集 ]

宗谷ですか

北マトさま

こんばんは。

「宗谷」ですかー。これはまたメジャーな。

オハズカシイ。

何というか、私は鉄道車両をひとつの「絵」として捉えているので、

「絵」として映りが良ければそれで良く、列車名や形式等はどうも無関心なのです。

上り「宗谷」なら朝早い時間、7時半位でしょうか。

当日早朝「利尻」で稚内に着いているハズなので、折り返し上り普通列車を使い抜海で降りたのかな。

お蔭様で、20数年の時を超えて記憶が繋がり、「その時」が蘇ってきました。


有難うございます。

[ 2012/05/03 01:17 ] [ 編集 ]

答えが出ちゃいましたが・・・

風太郎さま

北マトさまのおっしゃる通り。

遅ればせながら・・・
貨物営業は、1984年2月1日に名寄~稚内間が
廃止になっていますね。
[ 2012/05/03 10:05 ] [ 編集 ]

当時

狂電関人さま

有難うございます。

思えば「貨物」の可能性は極めて薄く、
この駅を高速で通過しているのですから、
優等列車、それも「利尻」じゃないから「宗谷」しかないですよね。

そもそもこの時期には普通列車の客レは既に消滅していたようで。

フツーに考えれば「確定」でした。

皆様有難うございました。

[ 2012/05/03 12:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/223-473600c3