奥信濃紀行  その4     震災地蔵

tsunan201204V1_087.jpg
     長野県  飯山市  2012年4月   




大震災後、少し落ち着きを取り戻した地元の人達がぶっ飛んだのは、信濃川を向いて並んでいたお地蔵様が

一斉に90度向きを変え、川下方向、被害が最も大きかった栄村の方向を向いて祈っていた事。

オカルトチックな話も含め、「震災復興地蔵」としてちょっと有名になっている。


地震の振動が回転エネルギーとして作用し、台座に固定されていなかった地蔵の向きを変えた、という

「科学的説明」もあるのだが、200年前からあるとされ、路傍で郷土の平穏を祈り続けた地蔵菩薩に、

何かの霊験を求めるのも人情だろう。


下の写真は地蔵がある西大滝駅付近の俯瞰。気付かず切ってしまったが、緑色の鉄橋の手前、少しアウト

フレームした所に並んでいる。


tsunan201204_032b.jpg
   飯山線  西大滝  2012年4月 



「震災地蔵」はその後元の向きに戻される事も無く、栄村の方角を向いて、今も祈り続けている。



tsunan201204V1_088b.jpg




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト
[ 2012/05/05 22:13 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(2)

この辺は、

風太郎さま

DD16+旧客などで何度か足を運んでいますが、
この地蔵の話は知りませんでした。
もっとも、追っかけで地元観光はしていませんね(汗)
[ 2012/05/06 09:11 ] [ 編集 ]

お地蔵様

狂電関人さま

地元で地味に話題になっているようです。

震災当時、全体が埋まるほどの積雪があった関係で倒れることも無く、回転したのだろうとの事。
一番右は台座に固定されていたので独自路線のようです。

>DD16+旧客

「菜の花まつり号」でしたか。写真を見るといいですね。
飯山線はシーナリーとしては文句なしなので、一度雑客が走るところを見てみたいです。
[ 2012/05/06 14:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/230-efb37464