奥信濃紀行  その7      越後田中

tsunan201204_377b.jpg
   飯山線  越後田中    2012年4月



長野との県境も迫る駅が「越後田中」。

津南町の観光名所らしい「日本一の河岸段丘」に行ったらこの大俯瞰。すかさずGET。

さて、キハ110は何処にいるか探しましょう。

老眼の検査になるが、真ん中あたりにこじんまりとした駅がある。見えたらアナタのオメメはまだ若い。

駅からの小径は、もう絵に描いたような「田舎」の風景で涙モノ。


今夜は地味な駅の、これまた地味な一軒きりの湯宿に泊まる。

初めて泊まったが、信濃川に面して桜は満開。隠れ家風の落ち着いた宿は掘り出し物かも。

巨大なウシガエルにヌードを見られつつ露天風呂。たまにはマターリとお茶を啜ってみる。




tsunan201204V1_043b.jpg

tsunan201204V1_045b.jpg



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト
[ 2012/05/12 20:41 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(4)

風太郎さま、こんばんは。

この写真を拝見して
「日本っていいなぁ」
って思いました。

で、110はすぐ見つかったのですが、
駅は見つけられませんでした・・・

[ 2012/05/12 21:55 ] [ 編集 ]

ニッポンの春

いぬばしり 様

磐越西線もそうですが、飯山線沿線は絵に描いたような「ニッポンの田舎」ですよね。

特にこの季節はニッポンに生まれた幸せを感じます。

駅、写真のほぼ真ん中、黒い大きな屋根が目立つ家の真下にあります。

バスの待合所のような小さな駅なので分からないですよね。
[ 2012/05/12 22:23 ] [ 編集 ]

飯山線沿線

風太郎さま

この沿線は、典型的な河岸段丘の美しい景観が
連続していて、四季を通じて癒される景色ですね。
沖積地形が多い日本は、そこで古代から生活してきた
訳ですから、DNAにその景色が刻み込まれているんでしょうね。
[ 2012/05/13 18:26 ] [ 編集 ]

飯山線沿線

狂電関人 さま

飯山線沿線は初めてではないのですが、段丘が作る雄大な風景や、
純日本的なムラなど、改めて良さを見直しました。

昔来た時は「鉄」の熱が冷めていた頃だったので、
そういうものに気が付かなかったのかも。

じっくり撮ってみたいなあと画策しております。
[ 2012/05/13 20:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/239-b898ee26