奥信濃紀行  その8      学校桜

tsunan201204_079b.jpg
    新潟県  津南町   2012年4月


松之山から津南に至る国道沿いに桜満開の一角を見つける。

古びた木造校舎のようなものも見える。学校桜だ。あんまりきれいなので立ち寄る。

既に廃校になって久しいようで、校舎と見たのは体育館、倉庫代わりに使われていた。

青空とのコントラストをせっせと撮っていると、おじいさんがやって来て、ここの卒業生だという。

「地震?新潟地震のほうが凄かったヨ」との事。学校は遠い過去になっても、花は約束通り咲く。

今にも窓をガラリと開けて子供が顔を出しそうだ。


tsunan201204_095b.jpg



校庭の隅、遠く信濃川を望んで巨大な物体が建っているので、見れば「忠霊塔」だった。

夥しい数の近郷の戦死者の名が刻まれている。この学校の卒業生も含まれよう。

美しい山河に生まれ育ち、本来争いよりも協調を重んじた農民兵士が、あの戦争の主役だった。



tsunan201204_376b.jpg



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」





スポンサーサイト
[ 2012/05/13 20:23 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(2)

なつかしい。

風太郎さま

この上には良品計画津南キャンプ場があり、
以前は、毎年のように仕事で訪れていました。
そのたびこの廃校舎を見ていました。
[ 2012/05/13 20:54 ] [ 編集 ]

それはまた。

狂電関人さま

それはまた奇遇ですね。

確かに「良品計画津南キャンプ場」ありました。

無印良品が何でキャンプ場やってんだろ、と???でしたが。
[ 2012/05/13 21:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/240-9fe36923