津軽のオハ31

tsugarushanai11980b.jpg
    津軽鉄道  オハ31車内  1980年



今は鉄道博物館所蔵の「文化遺産」となった、オハ31。

この頃は誰からも顧みられることなく、津軽平野をただ黙々と往復していた。

ニスを塗り重ねた壁、ごついリベット。そして現代の鉄道車両からは消えた、翳。

いにしえの鉄道の空気が、ここにひっそり閉じ込められている。





「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」






スポンサーサイト

良いカット

風太郎さま

流石、良いカットを撮られていますね。

大学1年の時のカットとは思えぬような・・・。
[ 2012/07/07 22:28 ] [ 編集 ]

連コメすみません。
こぉ~いう「奥行き感」のある作品、めちゃ好き♪

・・・一つの作品について、あれこれと言葉を並べて
自分の感じたことを表現するのが割とニガテなので
好きか嫌いかだけでコメントしてます(^^;
[ 2012/07/07 22:45 ] [ 編集 ]

18歳の夏

狂電関人さま

お互いこの頃は若かった。(^^;

この当時は写真の作法も知らず、ただ目に付いたものを素直に撮ってましたね。
レンズも50mmと135mmしか持ってなかったし。

コレは50mmを開放で撮っているのでは、と思います。道理でちょっと甘い・・・。

その甘さも味のうち、と考え出したのはトシのせいかな。






[ 2012/07/07 23:12 ] [ 編集 ]

めちゃ好き♪

rrrazurrr さま

めちゃ好き♪ とは光栄です!

確かに写真を理屈で読んでも、という気はしますね。
ただ、同じ写真でも歳月が経つと見方が変わりますよ。
この写真も昔のボツ写真箱から30年振りに発掘された位ですから。

[ 2012/07/07 23:19 ] [ 編集 ]

僕もこの写真は味が深いと思います。

ホントにJRや今時の車両たちにはこの趣は無くなってしまいましたね・・・
[ 2012/07/08 01:46 ] [ 編集 ]

レトロ

mack さま

おはようございます。

古い客車の趣は独特でなかなか再現できるものではありませんね。

最近はやりのレトロ調などという軽薄極まりない演出は論外として、
復活SL等の後ろに続くのは雑系客車以外はあり得ない、という風太郎です。

各地に静態保存されている雑系客車が朽ちる前に「動態化」出来ないですかねえ。


[ 2012/07/08 09:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/252-d1008624