風を

kominato20120505_6  take1b
    小湊鉄道   2012年5月



5月の房総は、はや初夏の陽気。

小湊の車両は冷房設備も付いているのだが、この時期それは使わずに車掌が窓を開け放して回る。

どっちが心地良いかは言うまでもない。


窓の風に吹かれる感覚を、随分昔の事のように思い出した。



kominato20120505_13  take1b



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト
[ 2012/06/01 20:13 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(8)

全 開

窓を全部開け放ち、車内に風を送り込む。

潮の香りや、夏草の匂い・・・

今となっては、贅沢なひと時ですね。
[ 2012/06/01 22:28 ] [ 編集 ]

窓のある旅

いぬばしり様

こんばんは。

窓の開かない列車は悲しいですよね。特にローカル線は。

その土地その土地の匂いや音がありました。

列車の旅のダイゴ味だったと思うのですが・・・。
[ 2012/06/01 22:41 ] [ 編集 ]

窓の開かない列車・・・
ホントに味気なくなりましたね・・・

海に近づくと景色よりも先に香で解る。

また冬場でも匂いで春を感じられたり、夏が近づいた事も知ったり・・・SLは勿論、DLや気動車の排気、トンネルのかび臭い匂いも今となっては懐かしいですね・・・
[ 2012/06/01 23:12 ] [ 編集 ]

匂い

mackさま

こんばんは。

>トンネルのかび臭い匂い

! 思い出しちゃいました(笑) そしてあのひんやりとした空気も。

こうして書いているとまた、窓の開く列車に無性に乗りたくなりました。
[ 2012/06/01 23:24 ] [ 編集 ]

窓越しの風景

風太郎さま

雨があったり、爽やかな緑のとん年だったりと・・・
窓越しの風景。それが鉄道の最大の醍醐味かも。

幼少のころ、西鉄の1000系特急に乗った時、
全開の窓で、日除け幕がバタバタと凄い音を立てて
止めて!と叫んだことが・・・(笑)
[ 2012/06/02 16:25 ] [ 編集 ]

狂電関人 さま

止めて!とは可愛い。(´艸`)

狂電関人 さんにもそういう時代があったんですね。

まあ列車は鉄粉やら排気やらその他もろもろ飛ばしながら走っていますから、

調子に乗って顔を出していると、夜には真っ黒な顔に気付く事もありました。
[ 2012/06/02 19:55 ] [ 編集 ]

小湊は大好きな路線です

こんにちは。
一枚目の写真、素敵ですねぇ~
一度やってみたいと思っているのですが、車掌さんがいたりしてなかなかうまくいきません。今度挑戦してみようと思います。

ちなみに、風太郎さんのブログをリンクさせていただきました。もしよろしければ、拙い私のブログをリンクしていただkませんか?

大変、共感する面が多々あって感銘を受けました。今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2013/08/16 08:39 ] [ 編集 ]

小湊

KAZU さま 

コメントありがとうございます。

小湊は一番近いローカル線で、長らく休眠していた「鉄」を再び目覚めさせてくれた鉄道です。

運転士側で無ければ、車掌さんに断れば撮らせてくれるはずですよ。今度チャレンジしてみて下さい。

リンクの件、無論構いません。こちらからもリンクさせて頂きます。
私も、何か波長が合うお写真だなあと思っておりました。

今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2013/08/16 22:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/257-e9ce590a