奥会津小正月 雪はありやなしや  その1   雪里の家

tadami202401_8385会津横田take1b1100

  只見線 会津横田  2024年1月










会津横田駅近くの大振りな農家が気になっている。

特徴的なのは二階に引き戸があることだろう。 窓なら分かる。 しかし「戸」とは。

本来豪雪の地である。 一階が雪に埋まった場合に、ここが出入り口になるのではないか。

家の構えからして大家族が暮らしていたのだろう。 そしてここは雪と共生するための砦だったのかもしれない。

降り続く雪がようやく止んだ朝。

すっかり玄関になった引き戸をガラリと開けて、ひょっこり顔を出す子供が見えるような気がする。



9月の飯山線以来、実に4か月振りの「鉄」。

行く先は只見線会津口。 重かった腰を上げさせたのは只見線に毎週のように通う、その筋の有名人Oさんのお誘いがあった為。

小正月となる1月15日近辺、正月のしめ飾りなどのお焚きあげ、どんど焼き(現地で言うところの「サイノカミ」)が沿線各地で営まれるが、

線路際で列車通過に合わせての点火について、複数個所でお願いしたという。これに乗らぬ手はなかろう。


しかし。 只見から現地入りすれば唖然茫然である。 噂には聞いていたが、雪がほぼ無いに近い。

さあどうする。















© 2011 風太郎のPな日々 All rights reserved



にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2024/01/21 20:02 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(2)

Oさんの仕込みなら、お祭り大好きな僕も参加したい!!

風太郎さん こんばんは

大変良い人脈をお持ちですね。その土地の風土を撮るなら通わねばなりません。しかもお相手は人間です。
Oさんもお元気そうで何よりです。なんでOさんが関東から会津地方に移住しないのか不思議ですね。
Oさんの同業種のお仕事は会津にもあるはずです。

いづれにしろOさんのブログと風太郎さんのブログを見ながら、会津の風物を楽しませていただきます!!
[ 2024/01/22 19:45 ] [ 編集 ]

祭りの高揚


高野 陽一そま

サイノカミの櫓自体は結構目立ちますから、Oさんは線路際のそれをプロットしてはひとつひとつコネクションを探したとか。その熱意は真似出来ません。
お陰様でおすそ分けを頂きましたよ。祭りはよそ者も巻き込む高揚感があるのでしょう。地元の人々のフレンドリーさにも感激。
[ 2024/01/22 20:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/2591-6ac43068