DD5174「1」号機でした。

DD517411.jpg
  函館本線 小沢   1984年2月


先般の記事でナンバー不明とした函館本線山線を走る三ツ目ですが、数コマ前の

ネガをよーく観察した結果741号機と確認されました。

「1」っていう数字はパネルのラインなんかと一緒になって分かりづらいですね。

北マトさん他、有難うございました。実はこの旅、741号機とご縁があった

ようで他のお蔵入りネガからも「もろ」な741号機が出て来ました。

もう少し「下」がありゃなー、と思いますが結構好きな写真です。


御礼を兼ねてUPします。


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

スポンサーサイト

こんばんは。疑問が解決したようで良かったですね。
ところで、この三つ目ライト、実際効果があったのか、常々疑問に思っています。何度か撮影した山線では、ライトをすべて点けているのを見たことがありません。吹雪の時に二灯のみで真ん中不点灯は716号機で撮影したことがあります。ご存知のように、当時国鉄ではライトの日中点灯はしておらず、余程の悪天候でなければライトは点けないのが普通でした。三つとも点灯しているのはいろいろな雑誌でもほとんど見た記憶がありません。
この写真でもやはり点灯していないようですね。
その後、745号機が磐越西線を走るようになると随分追いかけましたが、サービスの意味合いもあったのか大抵三つ目とも点灯していました。
[ 2011/10/10 01:49 ] [ 編集 ]

ライト点灯

北マトさま

そうですか。蒸気時代ならともかく現代のシールドビームでは実質的に追加ライトまで必要ないのかもしれませんね。そうなると気休め?

ライトは画龍点睛になりますので点けてほしいですよね。

昔は線路際で構えているとわざわざ点けてくれたものです。





> こんばんは。疑問が解決したようで良かったですね。
> ところで、この三つ目ライト、実際効果があったのか、常々疑問に思っています。何度か撮影した山線では、ライトをすべて点けているのを見たことがありません。吹雪の時に二灯のみで真ん中不点灯は716号機で撮影したことがあります。ご存知のように、当時国鉄ではライトの日中点灯はしておらず、余程の悪天候でなければライトは点けないのが普通でした。三つとも点灯しているのはいろいろな雑誌でもほとんど見た記憶がありません。
> この写真でもやはり点灯していないようですね。
> その後、745号機が磐越西線を走るようになると随分追いかけましたが、サービスの意味合いもあったのか大抵三つ目とも点灯していました。
[ 2011/10/10 09:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/26-3ed7ed41