早春の里

tsunan201204_042b.jpg
   飯山線  西大滝   2012年4月


どこまでを早春というのかよく分からないけれど、雪深い奥信濃では

この位になってやっと春を実感するんじゃないかと思う。

どうでもいい事だが、青屋根と赤屋根はどんないきさつで決まっているのか、

ちょっと興味あるなあ。いずれにしても冬は完全にモノトーンの世界にあって、

少し派手な色を楽しみたい、という事なのだろうか。


今頃は若葉が萌え、屋根に負けない位、色鮮やかな季節を迎えているに違いない。



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト
[ 2012/06/04 22:14 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(2)

春の奥信濃

風太郎さま

残雪と、赤・青の屋根のコントラストが独特の景観。

奥信濃に咲いた春の花!?

[ 2012/06/05 07:19 ] [ 編集 ]

屋根

狂電関人 さま

もうちょっと地味な色のほうが、とも思いますが、これも現代の農村の景観なのでしょう。

昔もここで撮ったことがありますが、ムラの家々の間を縫ってトコトコ走る感じが好きな場所です。
[ 2012/06/05 23:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/269-829dac35