梅雨入り宣言 Ⅳ  煙る里  

kominata20120609_351b.jpg
   小湊鉄道  上総中野   2012年6月


房総半島もここまで来ると、古い山村の趣がある。

山霧がたち雨に煙る里を縫う、ヘッドライトの光芒。

夕闇が迫る。



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト
[ 2012/06/15 21:17 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(4)

このカット、ちょっとやられました。
晴天だったら、ちっとも面白くない。曇天じゃあ話にならない。
なんでもない家並みと繁茂する草木が、降水で生きてますね。
[ 2012/06/16 02:02 ] [ 編集 ]

雨のマジック

Wonder+Graphics さま

お早うございます。いつもコメント有難うございます。

この場所に立ったのは初めてではないのですが、

確かに晴れや曇りじゃ目にも留まらないような風景です。

雨が作る立体感やコントラストは、マジックですよね。

雨の日に頑張れば三文の得?

[ 2012/06/16 08:59 ] [ 編集 ]

上総の山村

風太郎さま

雨に打たれた艶めかしい瓦と背景の雨霧の雰囲気が、
絶妙な1枚に仕上がりましたね。

鉄道はありませんが、菖蒲の頃の潮来や古い街並みの
佐原地区も写欲をそそられますよ!
[ 2012/06/16 09:21 ] [ 編集 ]

上総の山村

狂電関人さま

小湊の沿線は、大きな街道筋を外れると、驚くほど
古くて由緒ありげな農家などがあって驚きます。

もともと耕作に適した気候もあって、里の歴史としては相当な古さがあるのでは、と思います。そんな発見もあるのが撮影行の楽しい所。

潮来や佐原、行ってみたい場所です。
[ 2012/06/16 10:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/276-39812405