闘雪

kitakata19821b.jpg
   磐越西線  喜多方   1982年



どんなに吹雪こうとも、時に遅れようとも、必ずやって来る、「汽車」への信頼。




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト
[ 2012/08/09 20:39 ] 昔の旅 東北の国鉄・JR | TB(0) | CM(4)

これこれ!

これなんですよね!!

国鉄の臭い!!

旧客に纏わり着いた雪。牽引機はSLなら最高ですがDLでもELでも国鉄機なら何でも絵になりますよね!!
でも僕は電車はどうにも・・・
ゲタ電や153系103系、113系位までは許せるのですが、どうにも小器用でソツが無くって可愛げが無い。
気動車はキハ40系統までは泥臭くて好きでしたが、レールバスって奴は小さい割りに馬力もあって可愛くない。
絵にもなりにくいので、あまり好きではありません・・・
[ 2012/08/09 23:32 ] [ 編集 ]

mackさま

こんばんは。

この臭いを分って頂けてうれしいです(^^;

国鉄の車両達、特に客車列車は皆、無駄なほど重くて、頑丈でしたね。

およそ経済性を無視していたのかも知れないし、近代化するカネも無かったのかも知れませんが、

鉄道への信頼や役割の「重さ」がその中に織り込まれていたようにも思うのです。

[ 2012/08/10 00:25 ] [ 編集 ]

着雪。

風太郎さま

良い具合にこびりついていますね。

アップで迫力があります。

対照的に客車の中の温もりも伝わります!
[ 2012/08/10 07:06 ] [ 編集 ]

当時の写真

狂電関人さま

有難うございます。

でも当時の写真を見るたびに、このシーンの次のカットはないのかとか、

何でこう撮らん、といった後悔ばかり先に立ちます。

どんな諸先輩に聞いても、似たような思いに縛られるようですから、

誰もが背負った忘れ物なのかも知れません。

雪にまみれた客車の窓辺をもっと撮れば良かった。
[ 2012/08/10 22:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/281-74b2b905