大蒲原を望む

kanbaraokanbara2b.jpg
   蒲原鉄道  大蒲原   1983年



大蒲原と高松の間にある小山、「丸山」は斜面の木がすっかり伐採されていて、格好の俯瞰ポイントだった。

雪の深みに沈まないように、というのは無理で、少しでも浅く沈むよう、雪を踏み締めながら高みを目指した。


息を切らせながら振り返ると、大蒲原の家々は黒々と身を寄せ合い、一幅の墨絵を思わせた。




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト
[ 2012/07/10 22:07 ] 昔の旅 蒲原鉄道 | TB(0) | CM(6)

あの山に・・・

風太郎さま

冬のこの時期に、彼の山に登っていたとは・・・

恐るべし、蒲原の達人。
[ 2012/07/11 09:49 ] [ 編集 ]

こんにちは

余計な言葉をだらだら連ねる必要はないですね

冬を過ごす集落とそこを過ぎていく列車が好きです

[ 2012/07/11 14:16 ] [ 編集 ]

丸山登山

狂電関人さま

フツーですよ、フツー。冬以外も含めて10回は登りました。

カーブの先に大蒲原駅があるのですが、昔、積雪期に山頂付近からサンニッパで切り取った写真

を見せられてドギモを抜かれた事があります。

「腕力写真家」は居るものです。(狂電関人さんも知ってる人です)
[ 2012/07/11 20:35 ] [ 編集 ]

ムラの風景

Jam さま

こんばんは。

ここから眺めるムラの風景が好きでした。

長い長い歳月をかけて、人の手が作り上げた風景の温もりを感じました。

雪の上に腰を下ろして何本も電車を見送りましたね。

(登るのに苦労するからあっさり降りちゃあ勿体ない、というのもありましたが)
[ 2012/07/11 20:42 ] [ 編集 ]

こんばんは。

デンシャ、どこにいるのか、やっと見つけた(^^;
この作品で最初に目が行ったのは
田んぼと田んぼの境に立っている「はさぎ」(はさがけ?はざかけ?)

このはさぎと吹雪とを絡めた風景写真を
フォトコン作品などでよく見かけました。
そういえば、蒲原鉄道って新潟なんですね(今さら・・バキッ!!☆/(x_x)
[ 2012/07/11 21:13 ] [ 編集 ]

新潟、越後平野ですよお

rrrazurrrさま

新潟ですよお。 バキッ!!☆/(x_x)

いろんな言い方があるようですが、「ハザギ」と風太郎は言っていました。

越後平野名物、ハザギについては以下をご参照下さい。

http://futaro1980.blog.fc2.com/blog-entry-47.html
[ 2012/07/11 21:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/294-c5d03ec0