ニセコ通過

kozawa12b.jpg
   函館本線  小沢ではなく、蘭島   1984年


大雪のなか、雪煙りを上げて「ニセコ」がやって来た。

ホーム上にタブレットがセットされているが、

ホワイトアウトに近い状況下、高速での授受は緊張感溢れる作業だったろう。





「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト

これがC62だったなら・・・

でも今となってはDD51も絶滅危惧種。貴重な記録ですね・・・
[ 2012/07/09 10:12 ] [ 編集 ]

こんにちは。

風太郎さま。これは蘭島ではないかと。
その本屋前あたりから撮られておいでなのでは。

東風にかなり吹雪かれた、その合間でしょうか。
通信線柱への着雪が物語っていますね。
こうして見ると、DD51機重連の<ニセコ>ってのは、
「かっこいい」急行でした。
85年3月改正で4両に減車されてしまい、魅力半減でしたけれど。
[ 2012/07/09 10:33 ] [ 編集 ]

蘭島です・・・。

Wonder+Graphics さま

こんばんは。

ネット上の「現在」の写真と照合しました。蘭島です・・・。

小沢にしちゃおかしいなあとは思っておりましたが、当時はすべて「歩き」だったので、
下車した記憶のある駅に違いないと、早とちりでした。ご指摘ありがとうございます。

記憶がまったく飛んでいるのですが、小沢・銀山と「山」を撮った後だったので、
塩谷~蘭島の「海」を狙いに行ったのでしょうね。でもこの天気で駅撮り以外は叶わず、
いつしか記憶が同化したものと思われます。

でも一発で見抜くWonder+Graphics さんの眼力はさすがです。
[ 2012/07/09 21:17 ] [ 編集 ]

C62

mackさま

C62だったら・・・。まったく同感ですね。

でも・・・。
確かに当時の現役SLは素晴らしかったと思いますが、あまりに被写体として完璧すぎて、
その場に居たら「撮らされて」しまったのではないかな、とも思うのです。
多少アレな被写体だったから、かえって自分の表現を追えたのではないかと。

コレはやっぱり負け惜しみですかね。
[ 2012/07/09 21:26 ] [ 編集 ]

DD51重連ニセコ

風太郎さま

北海道鉄分の極薄な電関人ですが、コイツばかりは、
押えておくべきだったと後悔しきり・・・。

今でも覚えている、鉄研銀山合宿のタイトル、「君は

スワローエンゼルの幻影を見たか?!」

行っておけばよかった。。。
[ 2012/07/09 22:13 ] [ 編集 ]

ニセコ

狂電関人さま

来りゃよかったのにい(^^;

普段は幹線系と縁のない風太郎でしたが、主催者としての義務感で一般受けするこのネタをチョイスしたと思われます。

学生時代は終わりでも、こいつはまだまだ終わらない、と思っていたのですが。




[ 2012/07/09 23:36 ] [ 編集 ]

重連DD

純粋に「格好イイ」です。

私も急行「ニセコ」は、一度だけ撮影した事があります。客車はもう14系でしたけど・・・

風太郎様には、いつも私のブログに御越し頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

[ 2012/07/10 21:12 ] [ 編集 ]

ニセコ

いぬばしり様

こんばんは。

このブログをひと通り見れば分かる通り、素直な「編成写真」などはまず撮らず、
天邪鬼な撮り方ばかりしているのですが、駅撮りながら素直に全編成入れています。

コレは別格の想いがあったのかなあと。
[ 2012/07/10 21:46 ] [ 編集 ]

通過する列車、授器にセットされたタブレット、でも何か足りない、そう列車監視する当務駅長です。おそらく右側にいるのでしょうが、フレームアウトしてしまったのは残念です。小沢でないことは見てすぐわかりましたが、野暮なこと言わなくてもいいかと躊躇しているうちに訂正されてしまいました。
[ 2012/07/12 23:14 ] [ 編集 ]

本命カット

北マトさま

鋭いご指摘、おっしゃる通りですね。

この写真、実は「本命」では無いのです。
一応、全編成が入るようなカットを押さえましたが、フツーな撮り方はしない風太郎の事、
長玉を使っているのには訳があり、この次以降のカットでDD51重連のみをクローズアップでドーン、
というのが「本命」だったのです。

そのうちに「本命カット」も。

ただタブレットの授受がぼ行われるのであれば、それを中心に撮るべきでした。残念!!
[ 2012/07/13 08:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/296-3801c119