銚子電鉄に行く。 外川漁港

choushi20120728_142b.jpg
外川の集落  2012年7月

choushi20120728_054b.jpg


駅からの坂を下ると外川漁港に出る。海への斜面に固まった漁村の佇まいがいいと、ちょっと有名らしい。

新しく建て直された家が多く、風太郎的にはあまりピンと来なかったものの、目につく限りではコンビニなどなく、

八百屋、肉屋、魚屋、駄菓子屋といった地元資本がまだ存在を主張しているのは、やっぱり稀な事だろう。

猛烈に暑いのだが、浜に出ると海風が涼しい。午後の漁村は眠ったように静かだ。カモメや漁船をちょっと撮る。


もっと高いところに上がらないと分からないが、文字通り真っ黒な帯に見える「黒潮」が沖に横たわっているはず。

子供の頃、犬吠灯台から眺めたそれは、怖いような存在感があった。

船でそこまで行けば、さながら川のような急流と聞く。


「写真撮りに来たん?」と、ばあちゃんに声を掛けられる。

ダンナが沖でヒラメ8匹釣ってこれから帰って来るんだよう、と喜びを隠さないところが心地よい。

「子供に世話にならんように動けるうちは働かにゃー」と、どこまでも開放的なところが海辺の気風かとも思う。

老夫婦の大漁を祝いつつ、しばらくあたりを散策する。


真夏の日差しは波頭をきらめかせ、船べりに光の模様を躍らせる。




choushi20120728_088b.jpg

choushi20120728_148b.jpg



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト
[ 2012/08/06 21:20 ] 最近の旅 関東 | TB(0) | CM(2)

たっぷりと、

風太郎さま

銚子電鉄を楽しまれたようですね!

私は、一度だけ訪問しました。

もう少し古い車両が残っていたらと・・・。
[ 2012/08/06 22:30 ] [ 編集 ]

いや暑かった

狂電関人さま

いや楽しんだというより暑くて・・・。

夕方息も絶え絶えで駅に戻りました。

車両は、まあ、贅沢は言えませんね。
[ 2012/08/06 23:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/315-1d9f3722