今は山中 今は浜

sanin4.jpg
  山陰本線  1983年



「汽車」

今は山中 今は浜

今は鉄橋渡るぞと

思う間も無く トンネルの

闇を通って広野原(ひろのはら)


この歌は常磐線の海沿いの景色を歌ったものとされているが、

風太郎は山陰本線を歌ったものと固く信じている。

だって車窓の景色が歌そっくりなんだもん(^^;


風太郎が出会った山陰本線は、旧型客車の軋む音と、窓からの潮風と、夜行疲れの惰眠と。

いつ終着ともつかぬ、長い長い汽車の旅。


sanin1983udago11.jpg



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」







スポンサーサイト

こんばんは(^^)/

以前、この歌をトンネル抜けの画像とともにUPしたとき、
ある方が教えてくれました。
この歌のモデル地は風太郎さんのおっしゃるとおり、
常磐線の四ツ倉~広野間だそうです。
「広野原」は広い野原ではなく広野の原っぱを指しているのだそうです。

でも、わたしにとってはこの歌はやっぱり山陰本線なんですよねv(^0^)v
・・・訪れたことの無い地をイメージしようとしてもムリですから(笑)

2枚目は須佐から宇田郷の駅に向かう方向のようですが、
風太郎さんのお写真では、橋梁のすぐ下にある道には
ガードレールが見えないくらい木々が青々と茂っていますが、
今はもうすこし見晴らしが良かったような気がします。。。。たぶん(^^;
変わらないと思っていた景色も、
やはり30年という歳月は少しずつ変化させるのでしょうか。
[ 2012/10/27 22:28 ] [ 編集 ]

山陰本線

rrrazurrrさま

お早うございます。

山陰本線の印象は、とにかく長くて掴まえ所の無い偉大なローカル線でありました。
それは今でも変わっていないと思いますが。

当時はちゃんとした撮影ガイドの類も無く、窓から必死にロケハンして気に入ったところで
下車するという恐ろしく不効率な事をしており(降りたらちっとも良くなかったという事も多々あり)、
写真的には大したものが残っていませんが、延々と続く汽車旅の思い出だけは強く残っています。

rrrazurrrさんのお写真も参考に是非再チャレンジしたいのですが、
一日二日じゃダメでしょうから何時になりますか・・・。
[ 2012/10/28 09:13 ] [ 編集 ]

山陰本線も・・・

風太郎さま

久々に出かけたい線の一つですが、
おっしゃる通り、1日、2日ぐらいだと中途半端ですね。
あれほど熱心に通った山陰本線の景色が頭の中で
フラッシュバックしています。。。
[ 2012/10/28 09:33 ] [ 編集 ]

出来れば

狂電関人さま

山陰本線は出来れば1ヶ月位滞在してしゃぶり尽くしたい路線ではありますね。

リタイア後の楽しみにとっておきましょうかね。

まあ「廃線」はないと思いますし。
[ 2012/10/28 14:03 ] [ 編集 ]

2枚目は宇田郷の鉄橋ですね。
ほとんど同じ構図で橋のたもとから撮影した記憶が
あります。
1枚目はどこかしら・・・。この高い築堤は馬路仁万
かなー。
[ 2012/10/29 22:54 ] [ 編集 ]

どこでしょうか

マイオ さま

さあどうでしょう。
宇田郷より東は間違いありませんが・・・。
当てたら1000点ですねっ
[ 2012/10/30 01:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/322-053eb67a