そばの花咲く「ねっぷ」に行く。 村内巡回

douhoku201208V1_015b.jpg
  写真展



16時前に「ねっぷ」に着く。明日からの開催の写真展会場「高橋昭五郎 彫刻の館」を覗いてみたら、展示作業は

終わっていた。もともと「公民館」の立派な展示ホールの予定だったのだが、村立高校が高等学校文化部連合会の

幹事校という事で作品展示に使用するため、こちらになったもの。村ゆかりの木彫家の作品展示館の壁面を利用している。

村内には新聞折込でチラシを入れてくれたらしい、地元村民の目でどう感じていただけるのか、

楽しみなような、怖いような。


douhoku201208V1_045b.jpg
  村役場


隣の村役場に行く。9600の動輪が鎮座しているのが「鉄道の村」らしい。

宗谷本線ゆかりでもスマートなC55じゃなくて農耕馬のような9600というところがまた、らしいところである。

村長はあいにく不在だったが、副村長以下ご挨拶できて良かった。


douhoku201208V1_021b.jpg
  高校


次に高校に行く。北海道の夏休みは短く、一旦全国に帰省したここの生徒も戻ってきて、今日が始業式との事。

校長先生は息子が在学中、教頭だった方で旧知ということもあり、大いに歓待していただく。子供が卒業後も現れ

る保護者は珍しかろう。来週から旭川、札幌等の中学校めぐりの行脚に出発するとの事。この学校ならではの生徒

募集のイベントなのだが、健闘を祈りつつ後にする。


douhoku201208V1_047b.jpg
   音威子府駅前通り

douhoku201208V1_048b.jpg
   音威子府駅




村内をバタバタしているうちに夏の陽も傾き、広大なそば畑も黄昏どき。

村の北部に広がる雄大な天塩川の渓谷は夕焼けに染まってバーミリオンに輝く。


幸先良し。



douhoku201208_301b.jpg


douhoku201208_037b.jpg



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」






スポンサーサイト
[ 2012/08/23 20:02 ] 音威子府 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/326-8d27efcb