抜海駅

douhoku201208_352 take1b
宗谷本線  抜海   2012年8月



抜海は交換駅になっている事もあってか、古い木造駅舎が残っている。

屋根から張り出した庇全体が壁に囲われて寒気や強風を防ぐ、北海道独特な駅の形である。

庇の中に入ると木の床や壁に染み込んだ、石炭とも灯油ともつかぬストーブの匂いがこもり、

改札口もあって、無人となった今もここが駅であることを精一杯主張しているようだ。

よく手入れされた花壇は、今だこの駅が大切な場所であることの証だろう。

傍らの草むらからは、既に秋の虫の声が響いていた。




douhoku201208_348 take1b

douhoku201208_363b.jpg



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト
[ 2012/08/29 22:01 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(2)

抜海

風太郎さま

全国の鉄道撮影地で最も憧れる撮影地ながら、
その確率の低さから躊躇して未踏のままです。
[ 2012/08/30 07:09 ] [ 編集 ]

抜海

狂電関人さま

まあその僅かな可能性に賭けた鉄ちゃんが、

遠くSL時代から性懲りも無くアタックを繰り返している訳ですね。

ビギナーズラックというのもありますよ!
[ 2012/08/30 20:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/331-297d2a8d