そぼ降る雨

douhoku201208_079 take1b
  宗谷本線   咲来   2012年8月



音威子府を離れる日は、夜半から雨になった。

草木から立ち上る湿った夏の匂い。

靄の向こうからやってきた気動車は、たった一人の乗客を拾って。



写真展「おといねっぷの森から」音威子府展も先月末で終わり、写真パネル一式は

村に寄贈する事にしたので、役場庁舎や道の駅、天塩川温泉などで引き続き展示し

てもらえるようだ。使い捨ては写真展の宿命だが、何らかの形で後に残るなら作者

としてこれ以上の喜びはない。



村は相変わらず遠いけれど、またひとつ近くなった気もする。

気が付いたらまた、この場所に立っていそうだ。




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」



スポンサーサイト
[ 2012/09/09 18:52 ] 音威子府 | TB(0) | CM(4)

音威子府写真展

風太郎さま

無事終了お疲れ様でした。
また、新しい作品づくりに挑戦して次の写真展も
期待しています。

[ 2012/09/09 21:21 ] [ 編集 ]

有難うございます

狂電関人さま

ありがとうございます。

何分初めての事が多く、振り返れば反省点も多々あるのですが、「次」があるよう、頑張ります。

写真は一人で撮れますが、人様にお見せするとなると、人との交わりが大事であると改めて思いました。
[ 2012/09/09 21:50 ] [ 編集 ]

こんばんは。

う〜ん、ここも自然に還りましたね。
かつては、下り本線もその外側には側線まであって、
見えているホームの向こう側は貨物積卸場でした。
ここに場内がひろがっていたなんて、
それを知らない世代には、俄には信じられないでしょう。
これを拝見している自分の眼も信じられないくらいですから。
[ 2012/09/10 23:10 ] [ 編集 ]

咲来

Wonder+Graphics さま

こんばんは。

そうですか・・・。想像もできませんね。

もともと音威子府村の中心地は咲来だったと聞いています。
農地も多いですし、生産物の積み出しも多かったのでしょう。

鉄道の要衝で、絵になった音威子府駅はよく写真が残っていますが、
咲来全盛期の写真は見た事も有りません。村にもほとんど無いのでは・・・。

ブログで是非拝見させてください!
[ 2012/09/11 00:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/336-f8330347