朝の音威子府駅

douhoku201208_538 take1b
  宗谷本線  音威子府駅  2012年8月




お祭りの夜が明けて、村の普段通りの朝が始まる。

立派な木造跨線橋は宗谷本線筋全体でも珍しくなった。

枯れても「鉄道の村」の矜持がここに息づいているようだ。

広かった構内は原野に還りつつあるが、

朝9時過ぎには上下普通列車と「スーパー宗谷」が3つの番線を埋め、

往時の活況を少し彷彿させる。



douhoku201208_565 take1b




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」






スポンサーサイト
[ 2012/09/04 22:10 ] 音威子府 | TB(0) | CM(4)

スカスカ

遠軽なんかも、そうですが、
音威子府もとても寂しいことになっていますね。

不要となった施設が撤去されて、
そこが再利用されるでありませんから空疎感が募ります。
なんかスカスカな。

この駅って、こんなに小さかったのか、と言う印象です。
[ 2012/09/05 02:14 ] [ 編集 ]

跨線橋。

風太郎さま

跨線橋だけが、駅の歴史の生き証人然と

昔のまま存在感たっぷりに鎮座しているのが

とてもいいです。
[ 2012/09/05 07:13 ] [ 編集 ]

音威子府駅

Wonder+Graphics さま

こんばんは。

ご存じかも知れませんが、現在の音威子府駅には「天北線記念館」が併設されており、

最盛期の音威子府がNゲージのジオラマで再現されています。

駐泊所、ターンテーブルに何本もの貨車仕分線、増結用の客車庫まで、往時の活気が偲ばれます。

当時を目の当たりにした方であれば、なおさら感慨があるでしょうね。
[ 2012/09/05 23:44 ] [ 編集 ]

跨線橋

狂電関人さま

この跨線橋と大きなホーム上屋はSL時代から変わりませんね。

この跨線橋の上で写真展をやったり、地元に愛されているのが分かります。

音威子府駅も101周年との事、村でも記念イベントを企画しているようでひと肌脱ぎたいのですが。
[ 2012/09/05 23:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/340-681feb56