暮れゆく日本海

udago1198311b2.jpg
    山陰本線  宇田郷   1983年



暮れなずむ宇田郷をゆく「まつかぜ」。


この頃の「まつかぜ」は食堂車も連結した堂々たる編成だったはず。

貧乏旅行中の風太郎は「特急」には縁がなかったが、今になってみれば口惜しい。

食堂車で程よいアルコールなど飲りながら、暮れなずむ日本海と漁火でも眺めたら・・・。

チキショー!!!



HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

アルコールはいただけませんでしたが、

風太郎さま

中坊時代に始発博多から新大阪まで昼間の日本海でしたが、
堪能しながら完乗しました。
切符をとる際に、みどりの窓口の職員に山陰回りだよと
私が間違えてると思われましたが、理由を説明したら、
それじゃあ海側の窓側だねといって5D(号車は切符を見ないと・・・)の席を用意してくれました。
[ 2013/05/21 07:24 ] [ 編集 ]

うーむ

この場所、宇田郷からけっこう歩くんですよね。
しかも、これから暮れて真っ暗になる時間帯まで
粘って・・・。お見事です!
(仲間がいたのかな?)
[ 2013/05/21 21:37 ] [ 編集 ]

山陰の長い旅

狂電関人 さま

それは羨ましい旅です。
テンション上がりっぱなしの中坊が目に浮かぶようです。

各駅停車の旅が多かったせいか、山陰本線はとにかく長かったです。
いつも睡魔に襲われて、薄くベールが掛かった夢うつつの海が山陰の印象のような。
[ 2013/05/21 23:28 ] [ 編集 ]

海沿いの道

マイオさま

宇田郷もこの時が最後ですからすっかり記憶が飛んでいますが、
とっぷり日も落ちた海辺の道を、灯り始めた漁火を見ながら駅まで歩いた気がします。

基本的に誰にも気を遣わず、勝手気ままに撮りたい写真を撮るのが好きなので、
圧倒的に単独行が多いです。独り見つめる海もまた、いいものです。
[ 2013/05/21 23:36 ] [ 編集 ]

特別急行

「まつかぜ」号、長大ローカル山陰本線のクイーン、正に特別急行でしたよね。
私、キハ82系気動車は「鉄道車両で一番美しい」って思うんですよ。これは今でも変わらずですね。
その中でも「まつかぜ」は西の横綱でしたよね。
宇田郷の橋梁を掛ける姿は今もって色あせない記憶ですね。

因みにキシ、「おおぞら」で体験した事があります。
なにを食べたかは覚えてないんですが・・・
でもノンアルコールだとは思います。
[ 2013/05/22 22:25 ] [ 編集 ]

キハ82

いぬばしり さま

今も昔も生活臭がする普通列車が好きで、
「特急車両」は正直なところ趣味的には対象外だったのですが、
キハ82系は別格でした。デザイン的に重いボンネットが無いからでしょうか、
本当に美しく、格好いいデザインでしたね。

周遊券利用故、特急にはとんと縁がありませんでした。
食堂車で食事の贅沢があったら宿泊費に化けてます(^^;
[ 2013/05/22 23:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/346-305bc457