海辺の回廊

rumoimasike19871b.jpg
  留萌本線  増毛   1987年



鉄道沿線の港町は数々あれど、終着駅が港町というのはそう多くない。

海沿いを黙々と辿った列車の行きつく先が荒波寄せる港と来れば、これはもう哀しい男女の行先であり、

北の港だったらド演歌の舞台として申し分ない。


そういう雰囲気に誘われて、ここ増毛には風太郎は冬にも行っているのだが  

 風太郎のHP 「健さん気分で港町」参照


これは1987年の秋。


暗雲を割って差し込んだ光が、海沿いの細々とした回廊を照らす。



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」





スポンサーサイト

こんにちは。

絶対、焼き込みたく雲。
わたしなら、もっと落としちゃうかも。

ここは、この海側に開通した道路(道道301号線の延長部)が目障りに
なってしまいました。
[ 2012/10/08 10:37 ] [ 編集 ]

増毛界隈

Wonder+Graphicsさま

こんにちは。コメントありがとうございます。

先日増毛に行った時にこの場所を探したのですが見つからず。(雨で萎えていたのもありますが)

道路が出来て大分変ってしまったのでしょうか。

海沿いに線路と民家が身を寄せ合う雰囲気が好きだったので、何とかならんかなあと思っているのですが。

お酒好きのWonder+Graphics さんにはツマミも含めて恋しい場所かもしれませんね。
[ 2012/10/08 11:06 ] [ 編集 ]

キハのお顔

風太郎さま

この逆光の厳しい画面でキハのお顔は被い焼き!?
好きな構図ですが、露出加減がめちゃ難しいシチュエーションです。
デジではいくらかやりやすくなりましたが・・・。
[ 2012/10/08 11:54 ] [ 編集 ]

被い焼き

狂電関人 さま

うーん、あまりあざとくならないように控えめにしたつもりなんですが。

強烈な逆光では無いのでまあまあディティールが出てたのを、デジタル処理にモノを言わせて。

CaptureNXは部分的な処理がし易いので気に入っています。

銀塩だったら七転八倒していたことでしょう。
[ 2012/10/08 12:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/366-450cccd1