距離

douhoku201208_603 take1b
  北海道  音威子府村のそば畑   2012年8月



音威子府村とはいろいろご縁が出来て、それは楽しい事に違いはないのだが、現地のもろもろの空気に接し

てみると、改めて別の種類の想いが湧いてくるところもある。

それは単なる旅人としての視点と、その地に生活の基盤を持った視点との微妙な距離感。


厳冬期の霧氷がびっしり張り付いた写真も、東京なら手放しでキレイ、スゴイと賞賛されることもあるが、

現地の人にとってはキレイより先に「シバレあがった」辛い朝の風景に映る、という現実は確かにある。

「なぜ冬なんでしょうか」という疑問や「長い冬が終わった春の音威子府が一番いいと思っています」という本音を聞くこともある。

表面的な自然美だけを捉えて実質4日間程度の滞在で撮り切った写真に、ある種の薄っぺらさがあるかなあ、とも思う。


人跡未踏の深山とかならともかく、歴史と生活の裏付けがある土地をテーマにした場合に、これは必ずぶつかる問題

なのかもしれないし、これを解決するには過去の多くのドキュメンタリー作家がそうだったように、それこそ現地

に移住して身も心も同化するようなストイックさすら必要なのだろう。


単なる道楽で悩んでも仕方ないが、こうして一歩踏み込むとまた別の迷いも出るものだ。



douhoku201208_113take1b.jpg
    宗谷本線  咲来   2012年8月




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」


スポンサーサイト
[ 2012/10/28 21:56 ] 音威子府 | TB(0) | CM(5)

そうですね。

風太郎さま

こればっかりは、どうしても埋められない距離ですね。
まぁそれを解って撮影する分にはその表現の中に
そんな気持ちも出せるのではないでしょうか!?

[ 2012/10/29 07:14 ] [ 編集 ]

相互リンクのお願い

こんにちは!

以前も相互リンクのお願いをさせて頂いたものです。
再度、相互リンクをお願い致します。
[ 2012/10/29 12:43 ] [ 編集 ]

難しいですね

狂電関人さま

純粋な自然風景を撮ってるならそんな思いも湧かないのですが、人文のある風景はなかなか。

でもそれが忘れられなくて戻って来たんですけどね。
[ 2012/10/30 01:42 ] [ 編集 ]

Re: 相互リンクのお願い

> こんにちは!
>
> 以前も相互リンクのお願いをさせて頂いたものです。
> 再度、相互リンクをお願い致します。
[ 2012/10/30 01:43 ] [ 編集 ]

了解しました

ハッピーさま

了解しました。よろしくお願いします。
[ 2012/10/30 01:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/376-72f3453a