飯山線 晩秋紀行   兎追いし

iiyama201211_023b.jpg
   飯山線  替佐   2012年11月


「兎追いし彼の山」 の歌の主人公は、「こころざしを果たして」 最後に故郷に帰れたのだろうか。

歌全体のトーンからして、それは叶わなかったのではないか、と風太郎は想像していたのだが。


この地が「ふるさと」の作詞者、高野辰之の出身地であると知る。替佐駅の近くには記念館がある。

「兎の山」も「小ブナの川」も、この山この川と特定されているらしい。


故郷を出た高野辰之は、その後国文学者として大成し、東京音楽学校(現東京芸術大学)教授として、

邦楽、日本の演劇などを研究する傍ら、数々の作詞も手掛けた。

「おぼろ月夜」もこの近くの菜の花畑を描いたもの。

そして晩年はこの地で余生を送り、生涯を閉じたという。


先の答えは、「帰った」 なのだ。どこか救われる話。


さて、ちぎれ雲は気まぐれで陽が出たり陰ったり。当然陽が出た方がススキが輝くので構えていれば、

通過の10秒前位に陰る。

雲の野郎!と癇癪を起していると、時報替わりの防災無線から 「ふるさと」 が。

まあいいか、と癒されるメロディー。



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」



スポンサーサイト
[ 2012/11/16 21:44 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(10)

雰囲気で

ススキと群雲で十分空気を切り取っていますよ。
写真は写っているモノだけではないので・・・。
[ 2012/11/16 21:56 ] [ 編集 ]

晴れの日雨の日

マイオさま

こんばんは。

そうですか。有難うございます。
晴れ雨曇り、それぞれに良さがあってその天気でしか撮れない写真があります。
天気に合わせて絵作りを考えているので、晴れたり曇ったりのような天気が一番辛かったりします・・・。
[ 2012/11/16 22:23 ] [ 編集 ]

替佐

まだ、戸狩スキー号が走っていた頃、
「チビロク」を撮影しに替佐によく訪れました。

当時は、お目当てを撮影したら帰路に着いて
いましたが、もっともっと素敵な場面がそこらじゅう
にあったのでしょね。
多分、風太郎さまでしたら「そこ」をしっかり見抜いて、
素敵な鉄道風景を切り取ってきたと思います。

うーん、風太郎さまの冬の飯山線楽しみになって来ました(笑)

[ 2012/11/16 22:54 ] [ 編集 ]

替佐

いぬばしり 様

こんばんは。

「戸狩スキー号」、「チビロク」、すいませんよく知らないのですが、C56が引いた奴でしょうか。羨ましい。

飯山以西は本数も多く、開拓せねばと思っています。替佐はかつての名撮影地と聞いて行ったのですが

あまりピンと来ず・・・。流しただけで細かいチェックが足りなかったようですね。次回はじっくりと。
[ 2012/11/16 23:11 ] [ 編集 ]

チビロク

申し訳御座いません・・ DD16というDLです。
DE10をちっちゃくした様なやつで、
結構お気に入りの機関車でした。

因みに、山本昌さんと同い年の私、
現役のC56を見る事は出来ませんでした・・・
見たかったなぁ~
[ 2012/11/16 23:18 ] [ 編集 ]

戸狩スキー号

いぬばしり様

わざわざ有難うございます。

戸狩スキー号、昔からの伝統列車のようですね。C12牽引からDD16牽引までたくさん出てきました。

こういった飯山線全盛期にちゃんと撮った写真が少ないのが悔やまれます。
[ 2012/11/16 23:46 ] [ 編集 ]

とうとう、

風太郎さま

大学時代の冬と春、都合6度ほど皆勤で戸狩スキー合宿に行って、
ゼロ鉄(なんのクラブだっけ?爆)
その反省も含め、チビロクの工臨、旧客そしてC11と撮りに通い・・・。
それでもチビロクのラッセルはとうとうぼうずで終わりました。
[ 2012/11/17 13:48 ] [ 編集 ]

戸狩

狂電関人さま

それだけ冬の沿線に行って非鉄とは全くもって何のクラブか分かりませんね。

チビロクなのかどうか知りませんがラッセルって冬は結構走るのでしょうか。撮ってみたいなあ。
[ 2012/11/17 15:01 ] [ 編集 ]

うさぎ美味しい

こんばんは!

飯山線もなかなかいい線区ですよね。
秋もススキと紅葉が始まった山々、季節の移ろいが日本の原風景を感じさせます。

「うさぎ追いし♪」は小さい頃は「うさぎ美味しい」と思ってました。
子供ながら薄情だったのを思い出しました。
[ 2012/11/17 22:51 ] [ 編集 ]

美味しい線区

heppさま

こんばんは。

結構一線区を掘り下げるほうなので、どこまで美味しいかはまだまだこれからと思います。
足で自分なりのアングルを探したいと思っています。

「うさぎ美味しい」の話はよく聞きますね。
もともとアレは食うもんじゃないだろという先入観がありましたから、私はそうは聞きませんでしたが。
[ 2012/11/17 23:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/391-3e31fd7e