朝日の中を

kanbara sebaguchi5
   蒲原鉄道  狭口   1983年



蒲原の冬には珍しく、快晴の朝。

雪面は白く輝いて、オブジェのように微妙な影をつくる。

吐く息が、白くカメラに纏わりつく。



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」


スポンサーサイト
[ 2012/11/19 21:59 ] 昔の旅 蒲原鉄道 | TB(0) | CM(2)

雪止みの朝。

風太郎さま

電関人が行った蒲原の中で一番でした。
ホント綺麗でしたね。。。

綿のようなという表現がピッタリでした。
[ 2012/11/20 07:09 ] [ 編集 ]

蒲原の朝

狂電関人 さま

確か駒岡から七谷あたりまで歩いたような気が・・・。

快晴でも放射冷却でキーンと冷え込んだ朝でしたね。
[ 2012/11/20 23:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/397-441205f2