飯山線 晩秋紀行   夜明け

iiyama201211_116b.jpg
  飯山線  桑名川   2012年11月


千曲川が作った深い河岸段丘の底にある飯山線の朝は遅い。

最初に朝日を受けるのは、燃えるような紅葉に染まる信濃の山々である。

朝の列車は微かにジョイントを響かせながら、岸辺の集落を通り抜ける。


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト
[ 2012/11/21 22:59 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(2)

これはまた・・・

風太郎さま

奥の光が当たった辺りの紅葉と、まだ明けやらぬ
集落のモノトーンに沈む調子のコントラストの面白さですね!
[ 2012/11/22 21:09 ] [ 編集 ]

飯山沿線

狂電関人 さま

飯山沿線は、隅々まで拓かれた田畑と集落の家並みが作る「日本の田舎」の原風景が楽しめますね。

河岸段丘による立体的な風景もGOOD。
[ 2012/11/23 00:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/398-adca0e62