北井一夫写真展 「いつか見た風景」を見る

_DSC3504b.jpg



拙ブログのお客様である狂電関人さんの勧めもあって、北井一夫氏の写真展「いつか見た風景」を見に行く。

山口百恵の水着姿を押し立てた「篠山紀信写真展」も捨て難く、迷いはあったのだが。(^^;


北井氏は、三里塚闘争などバリケードの内側からのルポルタージュから始まり、その後消えゆく農村社会を

追った「村へ」の木村伊兵衛賞でひとつの頂点を迎えた写真家である。写真家生活50年の節目という事で

これまでの仕事全体を俯瞰した写真展になっている。チラシの写真は1972年撮影の五能線乗客の子供で、

この子がその後見てきたもの、という想いが込められているらしい。同じ被写体を撮っていたというだけでも

親近感が湧く。


実は正直なところ風太郎は氏の仕事の多くを知る訳でもなく、一冊の写真集が手許にあるだけなのだが、

これが風太郎にとってはバイブル級の名著なのだ。



_DSC3505b.jpg
  「渡し舟」 角川書店


1976年刊の「渡し舟」は、かつて全国の川筋に存在し、急速に失われつつある「渡し舟」を追った

ルポルタージュである。文章担当の編集者と、北井氏、そして和田久士氏の二人がカメラマンとして参加、

「村へ」の受賞期とほぼ一致する脂の乗り切った時代で、農村社会に寄り添う語り口は「村へ」と同じ

スピリットが流れている。叙情溢れる写真もさることながら、渡し舟の動力である「船頭のおじいさん」

との語らいに何とも味があるのだ。朝から晩まで独りきりで川と共に過ごし、生涯の晩節を迎えつつある

老船頭の、川波に揺られるような人生の機敏が胸に迫る。



_DSC3508b.jpg

_DSC3511b.jpg


カメラマンはダブルキャストなので、どの写真が北井氏のものか分からない、というそもそもな話もあるのだが、

不思議な程二人の切り口が同じで、北井ワールドとして全く違和感が無いので、それは大した問題では

あるまい。

(そう言っちゃ怒られるかもしれないので余談だが、相方和田久士氏は、その後発刊された
超豪華写真集「写真紀行 私鉄ローカル線」においてメインカメラマンとして参加した。
この写真集は、これまた風太郎にとって空前のバイブルであり、棺桶に抱いて入りたい程だ。
結局風太郎の好みは1本の線で繋がるのである。)


北井氏はモノクロ至上主義な所もあったらしく、カラー撮影はメシの種程度の捉え方もあったようだ。

しかしご本人は不本意かも知れないが、今回の「50年史」を見てもなお、風太郎的にはこの「渡し舟」

のインパクトの方が忘れられない。


氏の作品の本質は、常にその時代の空気と寄り添い、その断片を切り取り続けた事だろう。

50年の間に、この国は変わるだけ変わったが、その変化を受け流し、撮るべき「今」のテーマを

自然体で捉まえるしたたかさも併せ持った写真家だと思う。


「長く写真を撮って来た人は、どんな時代の過去でもいつでも自由に引き出せる、抽斗を持つことが出来る。」

「同世代で写真を止めていった人は多いけど、それは貧乏に負けたんじゃないんだよね、

撮るべきテーマを失くしたからだよ。」


という言葉が、最後に重かった風太郎である。



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」
スポンサーサイト
[ 2012/12/22 23:40 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(6)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/12/23 19:25 ] [ 編集 ]

鍵コメさん

鍵コメさん

ありがとうございます。

確かに写真で食べていくのは大変な事と思いますが、
作品を残すのに必ずしもプロである必要は無いはずです。
創作を離れた人は、やはり撮るべき対象を喪失したから、というのが心にすとんと落ちるのです。
才能の限界を自分で決めてしまう事も、「対象の喪失」の一部のような気がします。

写真に真面目に向かい合う程、別に有名になってやろうとか色気は無くとも、
いや色気が無いからこそ重荷になることがあるように思います。
そんな悩みも楽しめているのなら、それは写真との本当にいい関係を築かれているのだと思いますね。

空間の旅、時間の旅、心の旅。
それら掴みどころのないイメージをかたちにする手段として、
私も当時の鉄道に無心にカメラを向けたのだと思います。
(そのイメージを媒介してくれるなら、別に鉄道でなくとも良いのです)

紆余曲折もありましたが、その時撮るべき対象を長年持ち続けられた事自体が、
幸せな事ではなかったかと思っています。




[ 2012/12/23 21:27 ] [ 編集 ]

僕も最後の一節に心をえぐられました・・・
そうなんですよね!撮りたい物が次々と目の前から消えて行って、本当に何を撮ればいいのか探してる状態なんですよ。
JRになり鉄道車両にも味が無くなり、(と言うか好きなデザインではなくなったとでも言うべきか?)
航空機も旅客機は国内線の飛行機はみんな似たような双発機・・・727の様な後退翼がカッコイイT尾翼のリアエンジンの3発機!なんて個性的な物ももう無い・・・車やバイクも昔のシルエットを見ればどこのメーカーかすぐに解るような個性も無いし、人を撮ろうにも、やれ個人情報だの肖像権だのクダラナイ権利主張が先に立ち、アマチュアカメラマンが撮れる物が非常に狭くなっている気がします・・・
趣味なんだから、撮りたいものだけを撮っていればいい!と言うのは易いけれど、撮りたいものが無くなっちゃうのは困ったものですね・・・
[ 2012/12/23 22:48 ] [ 編集 ]

撮りたいもの

mack さま

お気持ちはよく分かります。
私も変わり果ててしまった鉄道に愛想を尽かして20年前に一度は捨てた身ですから。

変わってしまうものが嫌になり、少なくとも変化がゆっくりな自然風景に転じたのですが、
今度は変わらない事が退屈なんですよね。

その時その時の時代を表現するしかなさそうです。北井氏がそうだったように。

鉄道や飛行機が厳しいなら、次はさて。

そんな模索を楽しめる心の余裕も持ちたいです。
[ 2012/12/23 23:14 ] [ 編集 ]

遅コメで失礼。

風太郎さま

北井一夫さんは私もそんなに馴染みのある写真家ではないのですが、
まさにカメラアイが、自分にとってレンズを通して時代を見るという
失礼ながらとても共感があり、かくいう私も鉄道を
追い続けている最も強い原動力は唯好きというのではなく、
自分の人生に寄り添う鉄道が生活路線からいつしか
変わりゆくその変化を求めているような気がしていて、
その答えが氏の写真展で明快になった気がするのでした。

[ 2012/12/26 07:22 ] [ 編集 ]

変わっていくもの

狂電関人さま

鉄道の変化と自身の人生の歩みを重ねるという事でしょうか。
お互い長く撮ってきて、後ろを振り返るトシになって来ましたかね。(^^;

私としては鉄道側の変化(車両のみならず、その社会的な地位や取り巻く風土の変化も含めて)
にひたすら翻弄され、未だに昔の残り香を追っているような有様ですが、
「今」のテーマを肩肘張らずに捉まえる、しなやかな感性を持ちたいなあと改めて思いました。
[ 2012/12/26 20:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/421-e2da2388