デジャビュ

kashima1198111b.jpg
      鹿島鉄道  浜   1981年



どこかでふいに、再会しそうな景色なのだけれど。

青空と単行気動車のデジャビュ。


北海道は三井芦別炭鉱からの流れ者だ。




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」



スポンサーサイト

美しき地名

風太郎さま

浜や桃浦などと霞ヶ浦沿岸には、名前の通り美しい

景観があって好きな撮影地でしたね!!
[ 2012/12/22 11:41 ] [ 編集 ]

地名

狂電関人さま

「桃浦」は、確か沿線に行楽地を造ろうと、桃の木をたくさん植えたのが由来で、
そういう意味では後付け、「浜」は、まんまではありますが、双方とも眼前の風景
が目に浮かぶような地名ではあります。

浜の駅前には、この頃まで船着き場の跡もあったような。
[ 2012/12/22 14:54 ] [ 編集 ]

いい感じです

なんかレールバスっぽいキハですね。
いい雰囲気を出しています。
[ 2012/12/22 21:31 ] [ 編集 ]

湘南顔

マイオさま

今風の「レールバス」とは大分違うぞ、と言いたいところですが、いわゆる「湘南顔」ですね。
これでも堂々たる20メートル車です。

昭和40年代、閉山交付金目当ての突然の炭鉱閉山は多かったようで、各地の炭鉱鉄道の車歴の
浅い車が大放出され、それらを丹念に拾ったのが関東鉄道や茨城交通でした。

それらがごく当たり前に往復していた時代が、つい昨日の事のように思える時があります。

[ 2012/12/22 22:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/424-743a09d0