30年目の「津軽」  その1   「あけぼの」  

akebo20130117-18_012b.jpg
   上野駅   2013年1月


古い鉄友の狂電関人氏と共に津軽を旅する。


そもそもの発端は二人共JR東日本「大人の休日倶楽部」の会員資格を満たし、会員特典である

期間限定ながらJR東日本乗り放題(新幹線もB寝台も)で15,000円の破格値切符を手にした事による。

行くなら遠い所、昔遊んだ五能線・津軽鉄道の時間旅行を再び、という企画。

スイッと昼間に新幹線というより寝台特急のチョイスが、行先の土地柄に似合うというものだ。


その昔、二人で遊んでいたのは1982~1983年頃なのでちょうど30年振りという事になる。

目出度く「大人」になれた記念に、懐かしのみちのくへ。


akebo20130117-18_024b.jpg

akebo20130117-18_022b.jpg

akebo20130117-18_023b.jpg



結局B寝台は取れず、「ゴロンとシート」なる車両へ。

「ゴロン」と聞いて大広間のザコ寝、青函連絡船の二等船室のような環境を想像したが、

リネン類が無いだけで立派に寝台なのは、相応に体力が落ちた身には有難い。



夜汽車の雰囲気を楽しみに来た、というご夫婦と共に長い一夜を。

上越国境を越えると、窓の外は降りしきる雪に閉ざされる。



akebo20130117-18_051b.jpg



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト
[ 2013/01/21 21:41 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(8)

上野

北への旅立ちはやっぱり
トオサンバンからですよね!
64もより凛々しく見えます。

これから始まる「津軽紀行」
ワクワクします。
[ 2013/01/21 22:43 ] [ 編集 ]

なるほど

これは楽しそうな大人の修学旅行?
今後の展開が楽しみですね。
[ 2013/01/21 23:04 ] [ 編集 ]

羨ましい!!
本物のブルートレインは関西からは絶滅しちゃいました・・・
北国行きはやはり夜行列車ですよね!昔、海上自衛隊 第三術科学校(下総)入校中に、青函連絡船が間もなく無くなる!と言うので初めて上野から八甲田(14系ハザ)で青森まで行きました。
北方へ行ったのはその時だけでした・・・

臨時日本海でも一度乗ってみたいとは思いますね~!!
[ 2013/01/22 00:03 ] [ 編集 ]

上野

いぬばしり様

トオサンバンというんですか。このホームは。

既に東北の一部のような、不思議な空間ですね。

津軽紀行、いろいろありの珍道中になりました。
[ 2013/01/22 00:55 ] [ 編集 ]

修学旅行

マイオ様

「大人の修学旅行」、ホントにそうですね。

興奮してなかなか寝付けないのはまったく子供ですが。

おいおいUPしますのでよろしくお願いいたします。


[ 2013/01/22 01:00 ] [ 編集 ]

ブルートレイン

mackさま

寝台車に乗るのは20年振り位です。

いいものですね。夜汽車は。

「八甲田」は東北行きの定番でした。

あの体をくの字に曲げて寝る座席夜行はツライものがありましたが、

今ではあのモケットの感触が懐かしくもあります。

[ 2013/01/22 01:07 ] [ 編集 ]

お疲れ様でした。

風太郎さま

行きの寝台特急とは違い、あっという間に帰ってきた
感じでした~(笑)
一つ宿題が残りましたが、概ね良い旅でしたね。
また来年も遊びに行きますか!?
[ 2013/01/22 07:05 ] [ 編集 ]

狂電関人さま

写真のデキはともかく、やっぱり想像以上に変わってしまった現実も目の当たりにして、
ほろ苦さも感じる旅ではありました。

来年、とはまた鬼の腹がよじれるって。
ゆっくり考えましょ。
[ 2013/01/22 21:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/439-72cbde0d