風合瀬永遠なり

gonokasose11982b.jpg
   五能線  風合瀬   1982年



また五能線で恐縮ながら、拙ブログのお客様である「いぬばしり」様のブログで、

つい最近風合瀬で撮影された写真を拝見したところ、風太郎が30年前に彼の地で

撮影した写真にアングルがそっくりなのにびっくり。比較するのも面白いかと。


いぬばしり様の記事


キハ40系も同じだが、まさか時を超えて同じ車両という事はさすがにないか。

粗末な船小屋が身を寄せ合うように、波濤と風の音の中に佇んでいた。

五能線、変わってしまった所もあるけれど、時が停まったような風景もあるようだ。

先日の五能線訪問の際は、ウヤのショックで素通りしてしまったが、今一度懐かしい

場所を思い出させてもらう。

いぬばしり様、有難うございます。



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved




スポンサーサイト
[ 2013/02/18 22:36 ] 昔の旅 五能線 | TB(0) | CM(4)

本当だ!

連貼り、申し訳ございません。
リンクまで貼って頂き、
ありがとうございます。

本当に変わっていませんね。
何となく、漁師小屋が
新しくなっているのですかね?

変わるもの、変わらないもの・・・
結構、日本も広いんですね。

でもこのお写真、見れば見る程
味のあるお写真ですね。
風太郎さまの感性はもうこの頃から
完成されているような気がしました。

[ 2013/02/19 23:21 ] [ 編集 ]

風合瀬

いぬばしり様

よく見れば確かに小屋はリニューアルされているような感じもしますね。
でも今でもこの場所に溶け込んだ、いい佇まいです。
昔は今みたいに車でスィッではなくて、全て「歩き」でしたから撮影効率は最悪でしたが、
何日も海辺を彷徨うなかで自然とその土地の空気と同化し、
目の前の風景とゆっくり対話を交わす様な、豊かな時間があったような気がします。
[ 2013/02/20 00:11 ] [ 編集 ]

漁師小屋

風太郎さま

今回は海が大時化でこのアングルにチャレンジできませんでしたが、駅側から見えていましたね!
80年代には、納得のカットが無いのでもう一回再履修したいですね。
[ 2013/02/20 07:10 ] [ 編集 ]

風合瀬

狂電関人 さま

Sカーブの俯瞰も含め、ここだけはどうしても撮りたかった場所でした。
海の荒れ具合といい、今思い出しても口惜しい。

次は必ず。
[ 2013/02/20 23:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/454-62a57175