30年目の「津軽」  その13   こな雪   つぶ雪・・・

tsuga20130120_223take1b.jpg
   津軽鉄道   嘉瀬   2013年1月



こな雪 つぶ雪 わた雪 みず雪 かた雪 ざらめ雪 こおり雪。


津軽には7種類の雪が降るという。

車のフロントガラスを叩くようなざらめ雪が通り過ぎると、音も無く舞い落ちる雪に変わった。

踏切の警報音がふいに静寂を破る。




tsuga20130120_225 take1b




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved



スポンサーサイト
[ 2013/02/10 11:37 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(4)

ホントに

風太郎さま

いろんなのが降りましたなぁ。

以前はすべてサラサラの粉雪だたんだけど・・・

温暖化の影響かなぁ。
[ 2013/02/10 17:43 ] [ 編集 ]

津軽の雪

狂電関人さま

北の地とはいえ、高山の上でもなく、極寒地ではありませんから、
いろいろな種類の雪が降るのは、大昔から変わらないのでしょう。

この時はいい降りになってくれましたね。
[ 2013/02/10 20:50 ] [ 編集 ]

こんにちは

大学受験のため 同級生4人と弘南鉄道黒石駅前のお宿に泊り
窓の外見ながら「津軽恋女」を 小声で合唱した思い出があります(笑)
試験前日の夜でしたが あとは歌って笑っておこうじゃないかと(笑)
重たい重たい、春待つこおり雪が降っていました

試験の内容は全く記憶になく 
ただ 前夜の雪で鉄道が少し遅れてあわてたことと、歌の思い出だけが鮮明です
[ 2013/02/11 11:34 ] [ 編集 ]

津軽恋女

Jamさま

津軽恋女?と思わずググっちゃいました。新沼謙治なんですね。
ユーチューブも見たら「こな雪 つぶ雪・・・」と流れて来てびっくり。
別にコレから引いた訳でなく、太宰の文庫版「津軽」の冒頭に書いてあったものです。
(出所は地元紙「東奥日報」らしい)

いずれにしてもご当地ソングを歌う余裕があれば試験はOKだったのでしょう。
しかし女子高生4人がこういうど演歌を突然歌えたというのも凄いです!

いろいろな雪が降りました。どれが「春待つこおり雪」なのかは分かりませんでしたが。
[ 2013/02/11 12:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/460-b58e9d2b