飯山線 雪の譜  その4   大雪

iiyama201302_150take3b.jpg
   飯山線  信濃白鳥   2013年2月



夕方になるにつれ、雪は激しさを増した。

線路はみるみる白く覆われ、踏切を通ってもそれとは分からない程。

雪を下ろして、また降って。

それを飽くことなく繰り返し、この地は遠い春を待つ。


絶妙のアングルを見つけてカメラを据え、待てど暮らせど列車は来ず。

よもやと桑名川駅で尋ねると、下り列車が森宮野原手前で雪を噛みこんで立ち往生、

上り列車も交換できず、いつ動くか不明との事。

今日も雪と鉄道のぎりぎりの攻防が続く。




iiyama201302_121take1b.jpg
   飯山線  信濃白鳥



iiyama201302_104take1b.jpg
   飯山線  横倉



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


スポンサーサイト
[ 2013/02/25 20:54 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(6)

もうすぐ3月というのに

風太郎さま

またもや記録更新の寒波が週末に襲いかかりましたね!
この冬は、本当に寒かった。

雪好きの電関人も閉口しました。
[ 2013/02/25 22:31 ] [ 編集 ]

う~ん・・・

こんばんは。

またまた、風太郎さまワールドに
魅せられちゃいました(笑)
これ見ちゃうと、行きたくなっちゃうんですよね。

上の二枚のお写真に、三枚目のキハが
効いてますね。 脱帽。
[ 2013/02/25 23:08 ] [ 編集 ]

寒波

狂電関人さま

今世紀最大の寒波とか。
北の鉄路にとっては散々な冬になりましたね。

それでも雪と鉄道の魅力は尽きません。
[ 2013/02/25 23:54 ] [ 編集 ]

冬の旅

いぬばしり さま

お仕着せの名所巡りより、何の変哲もない田舎道こそ旅の場所と思っています。今も昔も。

そんな旅の印象を自然体でスケッチ出来たらと。




[ 2013/02/26 00:10 ] [ 編集 ]

こんにちは

私も雪国の人間ですが 東北の雪とは全然違います 軽い雪のもとで育ちました
どんなに、雪はたのしいけれど雪がたいへんで雪はこわいんだよと言われてきても
こちらの地方のご苦労にはおよびません 雪害が重くのしかかります
だから 春は本当に待ち遠しいし 冬を乗り切ったという喜びもひとしおですね 
作業する人生活する人のご苦労を思いつつ 
やっぱり雪の中を進む列車の姿に 一層惹かれます
[ 2013/02/26 12:56 ] [ 編集 ]

深雪の里

Jamさま

こんばんは。

私の場合は、馴染みがあるのは本州の雪で、ボタボタ降って傘を差さないと

濡れてしまうような事が多かったですから、北海道の払えばきれいに落ちる

様なサラサラの雪には驚きました。

雪と暮らす苦労にさほど大きな違いがあるとは思いませんが、やはり「雪の重さ」

への対処は大変なようですね。

それでもこの地で暮らす人々に、逞しさを見る事も有れば、故郷への想いも感じます。

所詮流れ者の勝手な感傷かもしれませんが。
[ 2013/02/26 22:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/465-a9d89761