小湊の春

kominatatsukisakisakura201004b.jpg
小湊鉄道  月崎   2010年  



この春、小湊鉄道には嬉しいニュースがある。


沿線の少子化に伴い小学校4校が統廃合され、里見の駅前にある中学校と併せ小中一貫校として

この春より再出発することになった。

通常、こういったケースではスクールバスの運行で広域に拡がる学区域に対処するのだが、

「通学は小湊鉄道を利用」の大方針が示され、その需要を一気に取り込めることになった。

小湊鉄道利用の生徒は100人近いという予測もあるようだから、鉄道としてはホクホクであろう。

スクールバスを安直に選択せず、小湊鉄道の利用を推進したのは、様々なバランスを考慮した上

での結論だろうが、おらが鉄道の愛着が感じられるようで嬉しい。


鉄道というインフラは一度消滅したら二度と還ってこない。手の施しようが無い経営実態ならともかく、

必要な経営努力の伴っている公共交通に対しては地域・行政がもっと手を差し伸べて然るべきである。

通学定期に対する補助もあるやに聞いているが、子供の活気が鉄道に満ちれば、それはとりも直さず

地域への愛着に繋がるし、活力を生むというものだ。また交通道徳は公共交通利用の中でしか学べない

だろう。


輸送に当たっては登下校時間帯に上下方向から里見駅への発着を集中させる必要があり、長らく一閉塞

だった牛久~中野間から一転、里見駅の交換設備を復活させ、特に平日は牛久以遠の運行本数がかなり

増加するダイヤ改正がこの16日付で実施されるようだ。鉄道側も本気という事だろう。


里見駅での朝夕の登下校という新しい小湊鉄道の風景も生まれそうだ。沿線の少子化が事の始まりとい

うのも皮肉なところがあるが、「衰退」の二文字しか縁が無かったローカル私鉄に訪れた春を、素直に

喜びたい。




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved




スポンサーサイト
[ 2013/03/15 22:12 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(4)

こんにちは

良い知らせ 嬉しいです
使われてこその鉄道ですものね
地域の声と鉄道の立ち位置とを、聞く耳と見る目が双方にちゃんと養われてたということなのでしょうね
明るい声が列車内に聞こえること 何だか他地域ながら楽しみです  
[ 2013/03/16 08:32 ] [ 編集 ]

嬉しいニュースですね。

風太郎さま

世の中満更悪いことばかりではないですね!

また一つ小湊から目が離せないネタが増えました(笑)
[ 2013/03/16 19:57 ] [ 編集 ]

統廃合

Jamさま

Jamさんの周辺では学校の統廃合は極めてリアルで切実な問題なのでしょうね。
小湊沿線の小学校も全学年で50~60人の複式授業と聞けば、
東京のすぐ隣の県の現実とは信じられないところもあります。

統合関連の協議の情報も最近ではオープンになっているので、いろいろ興味深かったです。
交換駅の復活構想には目を疑いましたが。

何はともあれ、またこの小私鉄通いの楽しみが出来ました。
[ 2013/03/16 22:58 ] [ 編集 ]

嬉しいです。

狂電関人 さま

「里見交換復活」と「増発」には目を疑いましたね。

牛久~中野一閉塞の時は、適度に間が空いてよかったのですが、
里見交換がメインになると、こりゃあ忙しくなりますぞ。
そういう贅沢を言える幸せを噛みしめないと。
[ 2013/03/16 23:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/477-cc5c1f46