春の響き

tsunan201204V1_073 take1b
  飯山線  信濃白鳥   2012年



残雪・新緑・そして満開の桜。

冬と春とが交錯しながらやって来るのが奥信濃の地である。

モノトーンの季節が長く厳しかった分、春の訪れの喜びはひとしおだろう。

山あいに響く警報機も、心なしか軽やかだ。




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved






スポンサーサイト
[ 2013/04/08 22:19 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(4)

想像力

まだ雪の残る山里に響き渡る警報機の音。
そしてこの後に、キハが通過する。
出来ればキハ20あたりがイイ・・・
そんな想像力をかき立てる様なお写真ですね。

北国の春をこの一枚で表現する。素敵です!
[ 2013/04/09 22:33 ] [ 編集 ]

背景に残雪と桜、贅沢な踏切風景です。
[ 2013/04/09 22:37 ] [ 編集 ]

キハ20

いぬばしり さま

飯山線もついこの間まで普通にキハ20がカラカラとアイドリングしていたような気がしますね。
信濃白鳥の駅も木造の小さく古びた駅舎でなんともいい味でした。

それらが皆消えてしまってからこうして執着しているのも、皮肉なものです。
巡る春だけは今も昔も変わらず、ですか。
[ 2013/04/09 23:37 ] [ 編集 ]

早春の奥信濃

はせがわさま

これは去年の撮影で、今年とはうって変わって桜の開花が遅い年でした。
GWの撮影です。桜が遅い分、新緑の葉が出て、豪雪の冬だった分、残雪が残って・・・。
ちょっと変わった去年の春を象徴するような風景でした。

[ 2013/04/09 23:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/496-6e3e98d5