食の安全保障

isumi20140821_107b2.jpg









TPP参加を巡る「都会人 VS 農民」の討論。


(都会人) なぜ日本に農業が必要なのか。教えてくれ。 

(農民)   カネで必ず食料が買えるという保証は永遠か。
     
       百姓はいい。自分の食べる分くらいすぐ作れるから。

       飢えるのは、あなた方だ。



どうしても担保されなければならない一国の安全保障はあると思う。軍事的にも、金融政策的にも。

しかし食料の安全保障が、それらと比較しあまりに軽きに過ぎる扱いなのは何故だろう。

日本農業の大いなる矛盾は分かっているつもりだし、狭い国土のこれまた僅かな平地を切り拡げて作った土地での農業が、

アメリカの大平原のそれと比較していささか非効率なのは、いまさら議論するまでもない。

しかし世界中が食料を奪い合うような事態を迎えても、国民を飢えさせないだけの農的に肥沃な国土を保つ事は、

単なる効率論であってはならない、為政者の最低限の責務と思うのだが。









_DSC2444 鶴舞 実る田3 20110828 take2b

   小湊鉄道  上総鶴舞     2011年







HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/09/06 20:23 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(6)

風太郎様

一枚目
手作業の農家の方
お写真 拝見させて頂き あらためて食べ物を粗末にしないこと・・・・そのあたりまえのこと・・・思うことが出来ます
撮影アップして下さり 感謝です

二枚目
実るほど頭を垂れる稲穂かなの・・・・昔からの言葉 思い浮かべていました
[ 2016/09/06 21:14 ] [ 編集 ]

稲穂の季節


りらさま

専業農家は疎らになり、家庭菜園とも称される日本農業ですが、
食糧自給の礎としてないがしろにして欲しくは無いですし、
安さばかりを求めない消費者自身の自覚も必要でしょう。

ローカル線を辿れば、垂れた稲穂に出会う季節になりました。
日本は農業国でもあると忘れかけていたものに気付く旅でもあります。
[ 2016/09/06 21:35 ] [ 編集 ]

こんにちは

北海道の農業被害は 中央にはどのくらい伝えられてるんでしょう
南富良野と十勝地方の被害はもちろん北海道全体でもそうとうなものになりそうです
農作物や農地の被害 北海道の東と西をつなぐ道路や線路が立たれたまま収穫後の農作物はコンテナに入ったまま 
農家さんのそもそもの基本的な生活が泥をかぶった家と続く断水に物資の不足
断水のせいで牛や豚などの水が確保されず 処分に至った酪農家さんもいるし
農地の回復が望めなくこのまま離農を考えるという農家さんもいるし 
北海道の農業が止まってしまうことの影響は ・・・政府はどう考えを持っているんだろう
あまり知恵の回らぬ頭のまま先の見えぬままそれなりに考え、日々過ぎて行っています

農家で鉄道撮影好きな知人は自分の農地のふちを行くきしゃを撮られては
「農鉄」と表現されていました 農家の特権ですと笑っていましたが
それに触発されて 自分も(農地はないので遠くから小さく)農風景の中のきしゃを好んで見るようになりました
が 最近荒れた農地の向こうをみるのに胸が痛みます でもこれも現実ですね
作物が無事に稔ることを祈り続けた収穫までの道のりを何度も家て来ただろうお写真のお方の背を 言葉もなく見つめています 
[ 2016/09/07 18:01 ] [ 編集 ]

土と共に


jamさま

農業被害は・・・残念ながら多くは伝わっていませんね。
◯人死亡とかには敏感ながら、とりあえず生きてるならノープロブレムみたいな。
土と共に生きて生かされている事が、残念ながら都会の人間の手触りからは失われているようです。

輸出産業がこの国を支えている事は否定しませんが、食糧自給をそのための供物として差し出しているように思えてなりません。
「この国の長い歴史と文化」などと何を指すのかも曖昧にしたまま声高に叫ぶならば、
島国で自給自足してきた農耕民族の長い歴史を、目先の経済効率と引き換えにする事に何の抵抗も無いのでしょうか。

北海道の農を襲った未曽有の大災害、それにどんな手を差し伸べるかで施政者のこの国に対する本当の誠実さが計れると思っています。
私自身飽食するだけの人間ではありますが、ローカル線を追う旅は日本の農と出会う旅でもあります。
及ばずとは言え、心に留めていきたいと思います。
[ 2016/09/07 22:40 ] [ 編集 ]

食糧事情

風太郎さま

これまた、この国の特有の文化にも大きく関係しているところでしょう。
戦後の政策は戦勝国に拠って作為的にされてきたものでしょうけど、
四季が有って、四季に従っていろんな作物が成りその味覚を得ることで
出来上がっている伝統と言うか・・・。
一方、21世紀の日本農業のあり方については温暖化などのリスクマネジメントも
含めた国家レベルの施策を本気でヒト、カネ、モノを投じる時期に来ていると思います。
世界に先進国と胸を張りたいのであればなおの事ですね!
[ 2016/09/08 18:16 ] [ 編集 ]

農の実感


狂電関人さま

野球に続いて国家論にまでなってしまいました。このブログも偉くなったもの(笑)
都会に生まれてそこから離れた事が無い人間にとっては農の実感が薄いもの。討論の都会人のように。
旅すれば日本はつくづく農業国と実感しますし、営々と歴史を重ねた肥沃な大地は国の宝と思うのです。
[ 2016/09/08 20:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/497-507606b0