三ノ輪橋暮色  その2

senju20130413V1_190take1b.jpg
   都電荒川線  三ノ輪橋   2013年4月



空も「電停」も茜色に染まる頃。

夕餉の惣菜は店先を彩り、香ばしい匂いが誘う。

レールを踏む車輪が町に響く。





senju20130413V1_162take1b.jpg

senju20130413V1_261take1b.jpg

senju20130413V1_228take1b.jpg



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


スポンサーサイト
[ 2013/04/17 20:55 ] 最近の旅 関東 | TB(0) | CM(10)

ほほう・・・

同じ路面電車でも世田谷線とまったく異なる雰囲気。
一度「三ノ輪橋」まで突っ込んで見たいと思いつつ
なかなか果たせません。
参考にさせていただきます。
[ 2013/04/17 23:34 ] [ 編集 ]

路面電車

マイオ さま

路面電車って実はあまり興味が無かったんですよ。
昔、豪徳寺に5年住んでいたのに世田谷線を1枚も撮っていない・・・(しかも全て更新前の旧型車の時代)
それについては痛恨の極みなので、ちょっとここで撮ってみようかと。
車両はアレなものの、思いのほか町が良かったです。
遠い所じゃなし、天気のいい午後にでもふらりといかが。
[ 2013/04/17 23:45 ] [ 編集 ]

昭和の匂い

風太郎さま

電停の周りのお店の絶妙な表情を風太郎マジックで点描。

うまく昭和の匂いが炙り出されておりGOOD!
[ 2013/04/19 08:57 ] [ 編集 ]

こんにちは

三ノ輪橋 の赤い電停が ラーメン屋の看板に一瞬見えてしまいました(^^;)

路面電車の通るところって人の生活圏にものすごく近い様に思います
札幌の中でも古い街並みのほうに路面電車が通ってますが 
昔からの八百屋さんや金物やさんやお惣菜屋さんがあって・・・こんな感じで 大好きでした
思いだします

今晩の献立 かぼちゃの煮つけに決定(^^)
[ 2013/04/19 09:03 ] [ 編集 ]

はじめまして

いつも、人物を写しこむのが上手な方だと思って拝見しておりました。

三ノ輪橋の夕景もすばらしいスナップです。
ここのアーケードや路地って飽きないですよね。

やたらと餃子屋さんが多かったような気がしてます。
[ 2013/04/19 17:58 ] [ 編集 ]

昭和の匂い

狂電関人さま

「一品〇〇円」はしゃもじ一杯分?
店のおばちゃんと客とのあうんのやり取りも
感じられて、飽きません。
[ 2013/04/19 21:26 ] [ 編集 ]

札幌裏通り

Jamさま

サッポロラーメンですか。そう言われればそう見えてきました(^^;

札幌裏通り、多くは知りませんが確かに路面電車はそういう所を走っていますね。
木造モルタル、精一杯防寒対策をしました、という古い家並みを見て、
かつての札幌の町に想いを馳せました。

好きですね、そういう街歩き。
[ 2013/04/19 21:31 ] [ 編集 ]

はじめまして

くろくまさま

コメント有難うございます。

人と暮らしを乗せて運ぶものですから、人の営みと鉄道の物語はもっと語られていいと思っています。

「鉄道写真」としてはかなりへそ曲がりかも知れませんが、我が道を行っています。

今後ともご感想を聞かせて頂ければ幸いです。
[ 2013/04/19 21:38 ] [ 編集 ]

いいですね〜♪

こういう惣菜の量り売りや焼き鳥を焼く姿。
三ノ輪橋、私もずいぶん前に訪れましたが、商店街が元気で、地方都市在住の者としては、こういう下町情緒に憧れます。
東京も渋谷や下北沢など再開発ラッシュで、大きなビルが建つことで小綺麗になるのですが、そのいっぽうで風情が無くなるのが残念です。
[ 2013/04/24 22:22 ] [ 編集 ]

町の風情

32Count さま

地方都市こそこういう風情が、とも思いますが駅周辺の空洞化やマスプロ化はどこも酷いですよね。

都会の真ん中にいかにも田舎っぽい景色が残っているのは皮肉なものです。

荒川線、実は今まで一度も撮ったことが無かったのですが、もう少し探索してみようと思っています。
[ 2013/04/24 22:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/501-4c1f1533