里見駅点描  その5

kominato20130412_614take1b.jpg
  小湊鉄道  里見   2013年4月




夜が来た。


「今夜は冷えますね。」

「うん、今朝も寒かった。4度。ガラスに霜が降りていた。」


夜明けから深夜まで、列車を迎えては送り出す、かつての鉄道員の生活がここにある。


すっかり夜の帳が下りた駅は、湧きあがるようなカエルの合唱に包まれた。
 



kominato20130412_608take1b.jpg


kominato20130412_642b.jpg

kominato20130412_631take1b.jpg



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


スポンサーサイト
[ 2013/04/30 20:12 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(10)

夜の里見駅。

風太郎さま

こりゃまた良いですね!
FX故のの芸当でもあるかのようなシャープさが
銀塩時代のそれとはまったく違う世界を創出していますね。
[ 2013/04/30 22:24 ] [ 編集 ]

風太郎さん

浅田次郎 小説
鉄道員 ぽっぽや
思い浮かべずにはいられませんでした
一枚目から最後のお写真まで物語を感じます

二枚目の列車の中から覗く
女性レチさんらしき帽子 見逃せません

最後 人気のないホーム
明かりが 印象的です

最初から最後まで明かり「光 」がテーマになっているように思えます
[ 2013/04/30 22:33 ] [ 編集 ]

通学時間帯の早朝から暗くなるまで、私には真似の出来無い被写体への執念を感じます。
「写真を撮るとはこういうことだ」と云われているようです。
恐れ入りました。
平伏です。
[ 2013/05/01 03:11 ] [ 編集 ]

風太郎さま、こんばんは。

夕景里見、堪能させて頂きました。
特に1枚目のお写真、圧巻です。
やはり写真は「光のアート」なんですね。
[ 2013/05/01 21:51 ] [ 編集 ]

デジタルマジック

狂電関人さま

ISO1600で撮っていますが、銀塩時代と比べれば夢のようです。
これが出来ると思ったのが、「鉄」を再開するきっかけでした。

ただ贅沢を言えばこの機材を持って30年前に戻りたい!
[ 2013/05/01 22:15 ] [ 編集 ]

光と影

香月 りらさま

写真は光と影の芸術と言いますし、光は何気ない風景をドラマチックに演出してくれます。

今回の写真に限らず光の扱いには結構拘っています。


鉄道ってそれ自体に物語があると思うのです。それに乗って旅する人も、そこに働く人も含めて。

いわゆるマニア視点では無く、誰でも共感出来るような鉄路の物語を紡げたら、の想いで撮っています。
[ 2013/05/01 22:31 ] [ 編集 ]

写真のスタイル

はせがわさま

有難いお言葉、恐縮してしまいます。

写真のスタイルはそれぞれだと思いますが、私のそれは「コンテ主義」かなと思っています。
最初にこんな絵を撮りたいというイメージがあって、それが撮れる確率が高い場所・季節・天気を選び、
人を撮るなら行動を観察して先回りします。

すべてが思い通りにはなりませんから現場のコンテ修正もしばしばなのですが、そういったスタイルだと
どうしても同じ場所に通い、ある程度様子が分かるまで粘る必要があります。

ただ心配なのはいかにも「作った絵」にならないか、という点で、一期一会の瞬発力をもっと磨かねば、
との想いもあります。

それが写真本来の魅力でもあるでしょうから。
[ 2013/05/01 22:47 ] [ 編集 ]

里見の夜

いぬばしり さま

里見で撮るのはもちろん初めてでは無いのですが、
寒々しい無人駅だった頃に比べ、人が居るだけでかくも駅の情感が漂います。

日が暮れるとなおさらです。
腹を空かせながらとっぷり夜遅くまで撮った、
かつての撮影行をちょっと思い出してしんみりです。
[ 2013/05/01 23:17 ] [ 編集 ]

粘り勝ちですね

一日をかなり有意義に使われたご様子。
人物写真もなかなか表情を生かして撮り辛い今日、
どうしても長めの玉で小道具を生かして、、、
そして朝方と夜景と、いうのが流れになりますね。

ちなみにプロも人物と鉄道の写真の場合は、
「やらせ」が多い、というのが実際に聞いた話。

こういう撮影行に泊まりなしで行けるとなれば、
それもココの魅力なのかしら・・・。

それにしても最近のドラは粘りがないなぁ。(関係ありませんが・・・)
[ 2013/05/02 13:50 ] [ 編集 ]

里見の一日

マイオ さま

こんばんは。

昔で言えばキオスク写真を駅にへばりついて、というのは案外楽なもので、
駅員さんと話したり、朝が早かったですから待合室でうつらうつらしたりと、
結構まったりと過ごしました。

昼頃にはさすがに飽きて高滝方面にトボトボと。
普段車では入れない里道沿いの線路を辿ると意外なポイントも見つかって、
爽やかな春の日を満喫できました。

確かに、早朝から夜まで日帰りで撮れるローカル線は貴重かもしれませんね。

ドラゴンズは・・・・・・。
もう今年は「鉄」に専念しますかねえ(泣)
[ 2013/05/02 21:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/512-a17d100f