大井川でちょい鉄  その3

oigawa201305_056b.jpg
   大井川鐡道  千頭   2013年5月



お約束通り、川根温泉で「SLの見える露天風呂」に浸かり、家山駅近くの「抹茶たい焼き」を食う、

「るるぶ」な旅。写真を撮る前に食べちゃったのが残念だが、緑色の「抹茶たい焼き」は皮に含まれた

お茶の渋みと甘いあんこのハーモニーが絶品なお味。

お世辞にもきれいではないのだが、「ウチのオリジナル」を力説する楽しいばあちゃんと相まって、また

訪ねたくなるお店。中井精也も来たらしく、サインが飾ってあった。


この緩さでは撮れる写真はこんなものだが、いいねえ大井川。

特に家山~駿河徳山間の駅々の渋さと言ったら。

今回はアレだが、「次回」は本気撮りでガツンといくでえ、と気分も盛り上がったところで、

大井川ちょい鉄の旅はお開き。




oigawa201305_096take1b.jpg

oigawa201305_005b.jpg

oigawa201305_099take1b.jpg
 大井川鐡道  川根温泉笹間渡    2013年5月



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


スポンサーサイト
[ 2013/05/09 21:58 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(6)

こんばんは。
大井川らしいカット、楽しませていただいてます。

静岡に限らず南の方は何処でも、なのですが、
昔から、山稜の広葉樹系樹木の「もっさり」感が苦手です。
北へばかり行っていた所以でもあります。
拝見して、そう云えば克明描写を避けてボカしたり、シャドウに落としたりしていたなあと、
最近にますます南に行っていない身は、思い出したのでした。
[ 2013/05/10 01:03 ] [ 編集 ]

ガツン鉄。

風太郎さま

電関人ももう何十年も訪れていません!

今度はこちらでプチ合宿お付き合いさせてくださいな。
[ 2013/05/10 07:10 ] [ 編集 ]

桃源郷

風太郎さま、こんばんは。

どのお写真も眩しいくらいの新緑。
まさに「いいねぇ大井川」です(笑)
次回、本気撮りも期待してます。

でも、この桃源郷に入り込むと、
なかなか抜け出せなくなりますよ。

私もこのお写真拝見しちゃうと、
行きたくなっちゃいました・・・
川根の湯にも浸かりたいし。



[ 2013/05/10 22:45 ] [ 編集 ]

もっさり感

Wonder+Graphics さま

「もっさり感」は分かる気がします。
寒さ厳しい所の方が風景にも緊張感があるような。

でも私としては小湊もそうですが、温暖な土地のユルさも好きなんですよ。

写真の方はそれほどの拘りも無く、露天風呂脇と、そのものずばり「SLの見える丘」
から超安直撮りです。煙のスカっぷりも笑っちゃいますね。
[ 2013/05/10 22:59 ] [ 編集 ]

プチ合宿

狂電関人さま

川根温泉脇のコテージが4人で行けば一泊3000円位ですよ。

最高の立地だよなあと思っていたところです!
[ 2013/05/10 23:05 ] [ 編集 ]

大井川

いぬばしり さま

大井川、いぬばしり さんがハマる訳が分かりました。
特に駅は涙ものです。

これまでSLのイメージが強すぎて、撮り尽くされ感があったので、
後塵を拝すのもと敬遠していたのです。

大分イメージも出来たので、行きますよ、本気撮りに。
[ 2013/05/10 23:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/519-1fadc633