摂津鉄道

_DSC5174b.jpg
  「レイアウトモデリング」  -摂津鉄道の建設- より



「摂津鉄道」「蔵本村」と聞いてピンと来る人は、それだけでトシが分かるという所か。

坂本衛氏の制作による鉄道模型レイアウト「摂津鉄道」は1960年代に発表され、その後機芸出版社

の「レイアウトモデリング」に一括収録されて多くの人が知る所となった。


風太郎はもともと「模型」からこの世界に関わるようになったので、今から40年近く前の中坊時代に

これを見て感動しまくり、記事の一字一句を暗記する程読み込んだため、「レイアウトモデリング」

は背中の糊が外れて表紙背表紙も失われ、本文のみの哀れな姿ながら、いまだ本棚に収まっている。


「摂津鉄道」の素晴らしさは、まず丸く線路を敷き、真ん中を家や田畑で適当に埋める、といったプラ

レール的な発想だった当時の鉄道模型レイアウトの常識を、根本から覆した事にある。

最初に自然の形があって、そこに人が住み暮らしが営まれ、やがて鉄道が敷かれ、時と共に年輪を重ね

るという、鉄道風景が形作られるプロセスを、1/80の凝縮された世界に再現する事を初めて試みた作品

だと思う。



_DSC5175b.jpg



またありがちな鉄橋トンネルの連続でなく、ごく平凡な農村風景にテーマを置いたことも画期的だった。

刈田のなかに佇む晩秋の村落、緩やかな地形の変化に逆らわない線路、「用の美」も感じさせる古い建

造物。それらが連続して一体化する、ある種の世界観まで感じたもの。当時としてはあまりに精緻に過ぎ

る工作だったため、六畳一間を潰す程の最終形には容易に辿り着けず、部分的に分割して制作を進める

手法も斬新だった。


中坊の風太郎にとっては「大人のみが関われる世界」に映ったし、自分もいつかは、という大人への憧れ

が詰まったような作品だったと思う。その後の写真転向で模型と距離を置くようになり、「摂津鉄道は

結局完成しなかった」という事実を知ったのも近年だが、あまりにも壮大なスケールを持つこの作品に

完成の二文字は必然ではないと思うし、むしろ完成が無いから永遠なのだと言ったら褒め過ぎだろうか。


_DSC5176b.jpg



長々と語ったきっかけは、40年近い時を経てその「実物」を見た興奮が冷めやらないからである。

新橋駅近くの「旧新橋停車場」で7月まで開催の企画展で、摂津鉄道の一部、「蔵本村」「蔵本駅」の実物

が展示されている。会場は撮影禁止なので写真をお見せできないのが残念だが、照明を落とした会場内で

家々や駅舎、客車内に明かりを灯した「実物」を目の当たりにして感慨深いものがあった。


特筆されるのは「蔵本村」で、レールさえ敷かれていない90cm四方程度の小品なのだが、改めて全景を観

察すると、南向きの緩やかな斜面に田畑を拓き、それらに通じる農道が等高線をトレースするように伸び、

母屋や納屋を極力田畑に影を落とさないよう配置する、気の遠くなる歳月をかけた「人の手の風景」を、

模型化に必要なデフォルメも加えつつ、ここまで的確に再現した模型を他に知らない。もちろん最新の作品、

例えば宮下洋一氏の「地鉄電車」などと比べれば、その細密度や素材の違いから来るリアリティの差はある

のだが、それはゼロ戦とF15の性能の優劣を比較するようなものだろう。


既に歴史の一部となった作品の価値は、それが後世に残した遺産の総量をもって語られるべきだ。

そういう意味で「摂津鉄道」の思想が後の鉄道模型の世界に残したものは計り知れないと思う。


作者の坂本衛氏は御年80歳近く、金無く教養無くと関西人らしい自虐ネタで笑かしつつも、いまだ矍鑠と

制作を続けられているようだ。氏の「手作り主義」も凄まじい徹底ぶりで、これも伝説化している「鉄パイ

プをを輪切りにして動輪を作った」実物も展示されている。踏面とフランジを径の異なるパイプから切り出

し、真鍮板に糸ノコを入れて作ったスポークを見るだけでも行った価値があるというもの。


入場無料だし、まだ会期は長いので一見する事をお勧めする。


settu2.jpg
  企画展パンフレットより  「蔵本村」セクション


settu1.jpg


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
[ 2013/05/19 17:01 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(12)

やはり行かれましたね!

風太郎さま

私も、会社のすぐそばなので少し前に覗いてきました。

原さんといい、坂本さんといいモデルにかけるその情熱たるや、
私ももう少し鉄道写真にかける情熱を考え直さなくてはと
思い直した次第です。
[ 2013/05/19 17:27 ] [ 編集 ]

やはり

狂電関人さま

会社の近くだなあとは思っていたのですが、やはり先を越されましたか。

趣味の世界もある一線を突き抜けると、意識するような情熱や努力は無いのかも知れませんよ。

「カネは無くとも生涯の趣味を愉しめて、こんな幸せな事があろうか」という、

坂本氏の言葉に含蓄があります。
[ 2013/05/19 19:18 ] [ 編集 ]

裏手帳

こんばんは。

摂津鉄道・・・ 何となく知っております。
作者の坂本衛さんのイメージは珍百景と
車掌・裏・手帳という本の著者ですかね。
国鉄時代の日本海や雷鳥に乗務した時の
お話がとても印象に残っております。

ジオラマは私も興味ありますが、
何せ不器用なので絶対作れませんです。
私も見に行ってみようかな。
[ 2013/05/19 21:19 ] [ 編集 ]

坂本氏

いぬばしり さま

坂本氏は元国鉄車掌だった人ですから、裏話も含め様々な著作があるようですが、
私の知る氏はあくまで模型人です。

作品だけ見ると職人的に根を詰めた人を想像していましたが、
著作を読むと天真爛漫、人生を謳歌するような趣味人のようですね。
あやかりたいものです。

模型は原点でもありますし、鉄道写真に復帰する前は結構やってました。
でも写真と同じで車両よりその周辺に凝っちゃうんですよね。
その方が時間が掛かりますから、ズブズブに嵌まりそうでちょっと距離を置いています。
[ 2013/05/19 22:06 ] [ 編集 ]

どこかで・・・

私も「摂津鉄道」の記事を40年近く前のTMSで
読んだ記憶があります。もちろん写真とともに。
それが展示されているとは!
これは一見の価値、どころか必見ですね。
[ 2013/05/19 22:12 ] [ 編集 ]

摂津鉄道

マイオさま

「摂津鉄道」の記事をリアルタイムで読んだ!? それは凄いですね。

是非ご覧になってはと思います。

文中にも書いた通り、古さは否めない所もあるのですが、

当時良くこれだけ時代を先取りした作品を作れたものと感嘆します。
[ 2013/05/19 22:45 ] [ 編集 ]

こんばんは。初めまして。
前にはせがわさんから風太郎さまのことをお聞きして、たまにのぞかせていただいてます。
ジオラマのことはよくわからないのですが、風太郎さまの鉄道に対するこだわりとか想いがすごく伝わってくる内容で、ものすごく感動しました。
また遊びに来ます。
[ 2013/05/19 23:33 ] [ 編集 ]

何気ないもの

いろもりカラス さま

初めまして。コメント有難うございます。

鉄道にしても写真にしても模型にしても、もっとこだわりや想いを詰めた人は他に居ると思います。

そういう点で中途半端なのですが、昔の旅から始まり、鉄道に関わる諸々によってこれまでの道のり

を豊かにしてもらったと思っています。

ともすれば忘れがちな思い出やら何やらを形に残しておこうと、駄文その他を連ねております。


いろもりカラス さんも何気ない街角の写真をよくお撮りになっていますね。

何気ないもので他人に何かを伝える事が一番難しいですし、敢えてそれに取り組む方を応援したく

なります。


今後ともよろしくお願いいたします。

[ 2013/05/20 00:27 ] [ 編集 ]

こんばんは。
コメント拝見してとてもうれしくなり、ひとことお礼を申し上げなきゃと思いました。
ありがとうございます。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2013/05/20 20:19 ] [ 編集 ]

どういたしまして

いろもりカラスさま

わざわざ有難うございます。

ともすれば近寄り難いと思われがちな「鉄」の世界ですが、

いろんな見方をする人間もいると面白がっていただければと思います。

正直なところ電車が写っていない写真を拝見する方が新鮮で楽しいですし、

いろいろためになります。

お互いに良い刺激になるといいですね。



[ 2013/05/20 23:38 ] [ 編集 ]

いったよ

遅ればせながら先週行ってきました。摂津鉄道を見たのはTMSだったかな。考えて・思いついて・工夫して・手を使って… 学びたいですね。
久しぶりに五能に行く計画をたてています。あの時以来だ。
[ 2013/06/17 22:04 ] [ 編集 ]

「山梨県」のお方ですね。

はああ、どちら様でしょうかと思いきや、「山梨県」のお方ですね。いらっしゃいませ。

五能線行くんだあ。あの時って30年前だよね。
ブログにある通りこの間行った時はとんだスカでしたが、この季節なら大丈夫でしょう。

まあこういうブログですが、ちょくちょく遊びに来てね。
[ 2013/06/17 22:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/526-ac3d41a8