飯山線 春の抄  その3   薫る   

iiyama201305_097take1b.jpg
   飯山線  西大滝   2013年5月




若葉は車窓を埋め、風は薫る。

雪国に満ちる、春の喜び。





iiyama201305_090take1b.jpg
   飯山線  森宮野原   2013年5月



HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
[ 2013/06/01 14:44 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(8)

風太郎様

森林の中
走行する飯山線
山の下には 川の流れがあり
その川に繋がる 小さな滝の流れがあり
緑のささやき 緑の香り 水の音色
自然という 偉大な芸術家の作品の中
人間が作成した 飯山線との調和
存分に 楽しませて頂きました

[ 2013/06/01 22:29 ] [ 編集 ]

春の喜び

香月 りらさま

ありがとうございます。

飯山線は名うての豪雪地で、長い冬の間、背を越す積雪と陰鬱な雪雲に閉ざされます。
そんな環境故、その地に暮らす人々の春を迎える喜びはまた格別と聞きます。

この鉄道の四季を撮っている中で厳しい冬の一端を見ている事も有り、
春を迎え浮き立つような地元の人々の気持ちを表現してみたいとシャッターを押しました。

場所については何度も通っていますので。
ただ毎回同じ場所で撮っているようで、マンネリ打破もテーマであります。
[ 2013/06/01 22:50 ] [ 編集 ]

心の中を緑色の風が吹き渡って行きました。
春の山に山藤が咲いて、緑色の列車が駆けていく。
列車の音に乗って人々の沸き立つ喜びが見えたような気がしました。
私もいつかこんな写真が撮れるようになりたいなぁ~
[ 2013/06/01 23:59 ] [ 編集 ]

土地の匂い

おぼろさま

その土地、その鉄道が重ねた歴史や置かれた風土は、
一度きりの訪問ではなかなか実感できませんが、何度も足を運び、暑さ寒さにも
耐えるうち、掴み所のない「匂い」として感じられるようになります。

昔からひとつの土地に執着するように撮っているのは、
そんな風土に身を置く感触を確かめながら、シャッターを切りたいからかも知れません。

山藤、よく気付かれましたね。肉眼では良く見えているのですが、
写真に撮ると新緑に埋もれてしまいます。人間の眼とカメラの眼の違いですね。

コメントありがとうございます。
[ 2013/06/02 00:35 ] [ 編集 ]

キハ110…、

長野新幹線開業と同時に、秋田新幹線建設のため北上線を迂回していた特急として落成した車両がお役御免となって長野に流れてきて、早15年。
当時はキハ28、58、52を追いやった車両として馴染めませんでしたが、このところ、奥信濃の風土に溶け込んできたように思えます。
時々、イベント列車が走りますが、普段の何気ない風景こそ、飯山線の魅力ですね。
3.11の翌日に栄村を襲った地震で深刻な被害を被りましたが、復旧して日々の運用をこなしていることが嬉しく思います。
[ 2013/06/02 20:32 ] [ 編集 ]

キハ110

32Count さま

キハ110って元特急車だったんですか。
私も本音を言えば国鉄型気動車を駆逐した長年の仇役でしかなく、
その来歴など知ろうとも思いませんでした。

普通列車用らしからぬ固定窓、カーテンetc...
これらが氷解しました。

決して「認めてはいない」車両なのですが、最近では大分くたびれも見えて、
いい味も出つつあるように思います。
まあ飯山線の場合、車両云々よりロケーションが全てです。
駅舎が・・とか贅沢を言ったらキリがないので、あるがままを見つめ直して
みようと思っています。

お言葉に田植えはまだ早いのでは、というニュアンスを感じたので1週遅らせて
正解でした。さすがは地元です。有難うございました。
[ 2013/06/02 20:59 ] [ 編集 ]

山藤

この季節、山々には藤の淡い紫が満ちていますが
写真となると目立たないものに。
その点、2枚目のように真上から撮ればなんとか
それなりの自己主張(地味ですが)してくれますね。

その2枚目ですが、森宮野原界隈に国道から細流
と千曲川と小鉄橋を絡められる場所があるとは。
気がつきませんでした。
[ 2013/06/03 15:49 ] [ 編集 ]

森宮野原

マイオさま

こんばんは。

山藤は盛りは過ぎていて少し遅かったようです。
田に張られた水と新緑を両方いただき、と欲張ったのですが、
北信地方は思いのほか田植えが遅く、
新緑と言うより初夏の雰囲気になってしまいましたね。

森宮野原はSL時代以来でしょうか。
いつ頃かは分かりませんが、横倉との間に117号線のトンネルが出来、
それに接続する大きな橋が架かりました。
その上からです。SL時代には撮れなかったアングルではないかと。
[ 2013/06/03 23:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/532-3b3b4da2