旅のたまゆら  序の四

ouuhonsen11981b.jpg
  奥羽本線  駅名不詳   1981年



粉雪舞うホーム。動き始めた列車を。




HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2013/06/22 21:10 ] 旅のたまゆら | TB(0) | CM(12)

風太郎様

列車を見送る人でしょうか
凍てつくような寒さの中
粉雪舞う中
ホームに佇む人
その顔は口元では笑顔を造ろうとしていますが
目は悲しみに耐えているかのように見えます
忘却しずらい女性の顔です
[ 2013/06/22 23:33 ] [ 編集 ]

こんばんは。
映画のワンシーンみたいですね。
とてもいい表情されてます。
だれを見送ってるのでしょうか。
こんなに、今にも泣き崩れそうな顔をしているのですから、よほど大事な人をお見送りされているのかと思います。
私だったら誰を見送るときにこんな顔になれるのかしら、、と考えてみましたけど、もしかしていないかもと思ったりします。
いまは携帯もメールもあるしでこのころとは違いますものね。。
[ 2013/06/23 00:23 ] [ 編集 ]

別れの余韻

りらさま

駅には必ずあった見送りのシーンも最近はあまり見なくなった気がします。

地方では鉄道利用の旅そのものが少なくなっているのと、
窓も開かない車両では別れの余韻も足りないのかも知れませんね。
多分大切な誰かを見送っているのでしょうが、状況はよく覚えていません。
これも一期一会の旅の出会いです。
[ 2013/06/23 00:46 ] [ 編集 ]

別れの駅

いろもりカラス さま

携帯やらメールやらコミュニケーションの手段が豊かになる程、
人間関係が希薄になるような気がするのは皮肉なものです。

この写真の当時はまだ出会いや別れに特別な意味があったし、
駅はそのための大事な場所だったような気がします。

この当時の客車はガラッと窓が開きましたが、送られる側が立ち上がって
大きく開けたのではないかと思います。
ご覧のような天気と気温ですから寒風も吹き込んだかと思いますが、
それがごく普通の鉄道の旅でしたから。

いろもりカラスさんも日々写真修行に精進されていますね。
被写体を選ぶ目が日増しに的確になって来ているように思います。
頑張って下さい。
[ 2013/06/23 01:00 ] [ 編集 ]

見送る女(ひと)。

風太郎さま

なんともドラマチックな1枚ですね。

あの頃の東北の女性は毛糸で編んだショールを
よく使っていましたね!

言葉が吹き出しに出ていそうな表情で・・・
訴えかけてくる。

「つぎにおはんに逢えっとはいつじゃろ」っと。
[ 2013/06/23 22:12 ] [ 編集 ]

毛糸のショール

狂電関人さま

毛糸のショールですか。確かに。

防寒具がいろいろ進歩して昔ながらの冬のスタイルも、気が付けば見られなくなっていますね。

やっぱり「窓が開かない事」が見送りの味わいを減じさせていますね。ガラス越しじゃちょっとねえ。
[ 2013/06/23 22:45 ] [ 編集 ]

やっぱりえ~な~♪
このシリーズ、いつか写真集にしてください!

買いますから(^^)
[ 2013/06/24 09:09 ] [ 編集 ]

思わず…、

唸ってしまいました。
いいショットですね。
舞う粉雪が寒風吹きすさぶ駅の臨場感を申し分なく表しています。
まさに映画のワンシーン…、
ですが、女優さんには出せない味わいの深さがあります。
[ 2013/06/24 21:07 ] [ 編集 ]

こんばんは。

このシリーズ、随分と続けられる程にストックをお持ちなのではないですか。
旅は沢山したはずなのに、それはほとんど撮っていなくて、些かどころでなく
後悔してしまいます。
この風俗からは、確かに秋田県下でしょうね、
[ 2013/06/24 22:29 ] [ 編集 ]

休み休み続けようと

rrrazurrr さま

このシリーズは「冷蔵庫の残り物のチャーハン」感覚なのですが、残り物は
結構ありますし、カテゴリーも立てたので休み休み続けようと思っています。

写真集・・・は無いと思いますが、全部並べてみると何かのストーリーが
見えて来るかもしれませんね。
[ 2013/06/24 23:03 ] [ 編集 ]

あの頃の

32Count さま

写したというより写った、というのが正直な所で、当時のフルマニュアルカメラ、
一瞬の浅いピントが良く合ってくれたなあと思います。

瞬間を永遠にするのが写真の醍醐味ではありますが、「あの頃」のいろいろな想い
も閉じ込められているので、ついナルシに走ってしまいます。

何か伝わるものがあったなら嬉しいです。
[ 2013/06/24 23:21 ] [ 編集 ]

大変遅くなりました

Wonder+Graphics さま

いただいたコメントが何故か「迷惑コメント」に分類されていました。
原因不明です。
ひょっとして「風〇」が引っ掛かった?(まともに書くと「不正な投稿」)

お返事大変遅れました。
まあ撮り散らした写真ですから多いと言えば多いのですが、鑑賞に耐えるほどのものは・・・少ないです。
ネタ切れせぬようボチボチやります。

場所はうろ覚えでは山形県下、米沢周辺のような気がします。
[ 2013/09/18 00:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/542-efa5c1b4