運賃表の筆遣い

choushi20120728_117take1b.jpg
    銚子電鉄  外川   2012年



鉄道駅に不可欠なのは運賃表に時刻表。

今は何処の鉄道もアクリル板に活字を印刷したものがほとんどで、きれいだけれど味気ない。

その点昔のローカル鉄道は、墨黒々と毛筆でしたためた凄いのもあったが、写真のように黒板にペンキで手書き

したものが主流だった。

ちなみに文字は水性塗料、それ以外の枠などは油性塗料で書かれていて、ダイヤ改正や運賃改定の際は濡れ雑巾

でゴシゴシ消せば容易に書き換えが出来た。

人の手で書く以上、達筆な人もいれば下手糞な人もいたはずだが、比較的上手な字が多かったのは、やはりその

道のプロに外注したのだろうか。


公共輸送機関たる鉄道の、本来の姿は極めて合理的で効率的なもの、ひいては無個性に画一化される事が必然かも

しれないが、手書きの筆遣いをたどれば、どこかほっと気持ちが緩くなる。


すっかり日が落ちた海辺の駅。ホームの灯りが時刻表をぼんやり照らしていた。





choushi20120728_251take1b.jpg



HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2013/07/02 20:53 ] 最近の旅 関東 | TB(0) | CM(6)

これこれ!

こんばんは。

外川の手書き時刻表、味がありますよね。
私も撮りましたが、周りの人が
「あの人何撮ってるんだろう」って顔してました(笑)

因みに2枚目のお写真、日が暮れてからのものですよね。
私も狙っていたのですが、家にたどり着けそうになかったので断念しました。
でも、このお写真拝見しちゃうとチャレンジしたくなりますね。

[ 2013/07/02 22:33 ] [ 編集 ]

小道具

いぬばしり さま

かつてはどこにでもあった手書き運賃表に時刻表。
外川駅で出会った時には感激しました。
駅自体も良いのですがこういう小道具も揃っていなくては。

日の長い季節の夜景は厳しいですが、これが灯るのを見ずに帰れんとギリギリまで粘りましたよ。
[ 2013/07/02 23:20 ] [ 編集 ]

ローカル私鉄・・・

風太郎さま

ここも経営が厳しい路線ですね。

少子化が進む中で全国の地方ローカル私鉄各線は
青息吐息の経営状況。

かの弘南鉄道大鰐線も2017年3月を目途に存廃判断を下すとのこと。

どんどん寂しくなりますね。
[ 2013/07/03 20:43 ] [ 編集 ]

黒板にペンキで手書き

2012年撮影と分かるまで
ずっと以前の時代のことかと思いました
現在でもこうして 手書きで書いている駅もあるのですね

私の知らない世界 数えくれないくらい
教えて頂きました

有難う御座います
[ 2013/07/03 21:11 ] [ 編集 ]

ローカル私鉄

狂電関人 さま

銚子電鉄の近況は聞きませんが、運転本数も多く、地域の足としてまだ一定の地位は保っているように

見えるのですが。

厳しいお蔭で古い物がそのまま残っているというのも皮肉ではあります。

弘南鉄道大鰐線、知りませんでした。この国から「ローカル私鉄」が消滅する日も近いのでしょうか。
[ 2013/07/03 22:21 ] [ 編集 ]

ローカル線巡りの旅

りら さま

そうですね、さすがに手書きはほとんど見なくなりました。
写真だけ見たら現代の風景とはとても見えませんよね。
思わぬところで時が停まったような風景に出会うのも、
ローカル線巡りの旅の、ワクワクが尽きないところです。
[ 2013/07/03 22:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/548-816d7b9d