立山室堂

toyama201308_257take1b.jpg
  立山室堂  みくりが池   2013年8月



数日前に梅雨明けした富山地方だったが、ようやく山上まで「明けた」ようだ。

急遽一日フェイントを掛けたのが功を奏して、ケーブルカーとバスを乗り継いだ室堂はこれ以上ない程のお天気。

標高2500m、気温15℃。猛暑に苦しむ列島の民には申し訳ない程。

みくりが池一周は一時間位かかるが汗ひとつ出なかった。



toyama201308_294take1b.jpg




「立山黒部アルペンルート」は以前、長野側から黒四ダムまで行っているので、今回は富山側から。

ここからだと立山連山から剣岳まで3000m級の山々の頂きもごく真近に見え、山小屋など立っているのも

手に取るようで、もう下駄ばきでも行けそうな錯覚まで起こしてしまう。素人が苦労無しに辿り着ける場所

としては日本有数の山岳景観だと思う。




toyama201308_281take1b.jpg

 天然記念物のライチョウも発見。ヒナをたくさん従えて可愛い。「夏毛」なのね。



toyama201308_272take1b.jpg



午後になると富山湾から湧き上がる雲が山上まで達して、これ程見通しが利かなくなってしまう。

刻々と変わる山の天気。ここに建っているホテル立山か、山小屋にでも泊まってモルゲンロートを撮りたいと言えば、

カミさんは「1日2日居ても無理でしょ」との事。ごもっとも。いやリタイアしたら撮れるまで粘ったるわ。



さて程ほどにしないと今日中に暑い暑い東京に帰れなくなってしまう。

しばしの別天地にお別れ。





HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2013/08/17 21:30 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(8)

風太郎様

室堂は立山黒部アルペンルート内の最高所に位置するようですね
みくりが池は立山火山の火口湖で室堂で最大・最深の池のようです

晩夏の山のいただきにある池
4枚のお写真
何回もスクロールして拝見しました
「まるで絵葉書のようですね」
と言うような 安易な言葉は使いたくないのですが

私が今だ 何方にも差し上げたことのないコメント
あえてさせて頂きます

風太郎様
最後のお写真 まるで絵葉書のように美しいですね
[ 2013/08/17 22:03 ] [ 編集 ]

被写体あっての

りら さま

いろいろ調べていただいて有難うございます。
拙い記事ですが、関心を持っていただいて嬉しいです。

まあ写真は被写体あってのものです。
最高の被写体と天気に出会えました。
これだけ条件が揃えば、誰が撮ってもこの程度は写りますよ。

技術的にはPLフィルターを使ってコントラストを上げてみました。山のような遠景主体の写真には必須です。
[ 2013/08/17 22:49 ] [ 編集 ]

こんばんは。
とてもきれいなところですね。
今年はどこも暑いですが、ここまで高いところまで行けば涼しいのですね。
空気が澄んでいることがよくわかるお写真です。
いいなあ~、うらやましいです。^^
[ 2013/08/17 23:35 ] [ 編集 ]

その場の空気を

いろもりカラス さま

いや大自然の有難味を痛感しました。
帰ってからの暑さが一層身に沁みる気もしますが。
いろもりカラスさんも連日の撮影で熱中症などならないよう。

気温の低いところは空気がクリアですね。
気温が高いと、どうしても大気中の水蒸気が増して、遠景などなんとなく靄ってしまいます。
まあそれも夏の暑さの表現になりますが。

写真は絵と違って恣意的な演出が難しいですし、立ったその場の空気をそのまま表現した方が味わいがあるものです。
[ 2013/08/18 00:30 ] [ 編集 ]

いやいやいや・・・

風太郎さま

吸い込まれそうな景観ですね。
まだ見ぬ室堂。

ますます頭の中でイマジネーションの塊が
大きく育ってしまいます。
[ 2013/08/19 07:10 ] [ 編集 ]

山に憧れて

狂電関人 さま

贅沢ではありますが、やはり朝夕の斜光線に染まる山肌を想像せずにはいられませんでした。

そしてあわよくばあの頂から撮ったら・・・と憧れてしまいます。

まあ楽をせず、体を鍛え続けましょうね。
[ 2013/08/19 22:09 ] [ 編集 ]

立山・室堂

此処は午後、立山に対して順光となるのですが、
夏山シーズン、富山平野からの上昇気流が立山を駆け上がってきて、午後はガスってしまうことが多いのですが、見事なまでに晴れ渡っているのは風太郎さまの人徳かと…。
室堂から立山(雄山)での片道のコースタイム、2時間10分、標高差は600mほど。
稜線の一ノ越まではほぼ遊歩道という感じで道もしっかりしていて、小学生が遠足で登っています。
でも、案外、みくりが池からみる立山が一番、絵になったりもしますが…、
[ 2013/08/21 22:52 ] [ 編集 ]

室堂

32Countさま

まあベタ光線のおのぼり写真で、お見せするのも恥ずかしいのですが、天気には恵まれました。
前日のライブカメラでは小雨が降っている状態で、せっかくおカネをかけるのだからと、急遽変更しました。
やっぱり山写真は朝夕ですよね。是非室堂泊まりで撮りたいです。
バスの車窓から一瞬見える剣岳の全貌にも感動しました。アレも撮らなくちゃと欲は尽きません。

[ 2013/08/21 23:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/576-8a720134