落陽

isumi20121125_136take1b.jpg
   いすみ鉄道  国吉    2012年






きゅっと胸に沁みる様な夕暮れ時は、

物言わぬ踏切標識にも、少し心寄せてしまう。

冬の入口で。





isumi20121125_151take1b.jpg




気が付けば当ブログも2周年でしたね。日頃応援していただける皆様のお蔭です。

今後ともよろしくお願いいたします。






HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2013/09/08 19:45 ] 最近の旅 関東 | TB(0) | CM(14)

風太郎様

線路とその一帯にある
闇が迫るまでの 一時の茜色
最後の青を惜しむかのような空模様
黄色と黒の踏切標識
そのバッテンマークが愛嬌があります
「とまれみよ」の言葉が書かれた板の下
どこの町の踏切であるのか説明があります
この標識は大事にされているのでしょうね
長年 この線路を見守ってきたのですものね
風太郎様の哀惜を感じられるお写真
心惹かれます
[ 2013/09/08 20:42 ] [ 編集 ]

2周年

風太郎さま

2周年おめでとうございます。

季節と季節を結ぶ、心の急行列車がガタゴトと
心地よいジョイント音を響かせながら通過していきました。
踏切には哀愁がありますね。

これからも力作を楽しみにしております。
[ 2013/09/08 21:05 ] [ 編集 ]

標識の歳月

りらさま

ここは結構有名な踏切なのですが、広々とした田園風景に延びる築堤の上にあって、標識もよく目立ちます。

この地に幾十年立ち続け、夜と朝を見続けた標識を見ていると、声を掛けてねぎらいたくなりました。

遮るものなく夕日が当たり、沈んで、自然の演出にも恵まれましたね。
[ 2013/09/08 22:13 ] [ 編集 ]

今撮れるものを

狂電関人さま

ふと気づけば2年でしたね。

さすがに昔の写真だけではネタ切れするので、新しい写真も撮るのですが、
機材の発達もありますし、いろいろ試せて楽しいですね。
押し止めようのない時代の流れに戸惑いつつも、今撮れるものを今の眼で追い続けたいと思っています。
[ 2013/09/08 22:22 ] [ 編集 ]

2周年おめでとうございます。

私はいい年をしてベそ子なので
こういう風景の出会うと、胸がジ~んとして
すぐ涙が出そうになります。

やっぱり鉄道はいいですね~
夢と人の悲しみと優しさと。
小さな写真に思いがぎゅっと詰まっていますね。
[ 2013/09/08 23:17 ] [ 編集 ]

想いを乗せて

おぼろさま

いや私もこういう夕暮れはつい涙してしまいますよ。

長年ローカル線を撮り続けているのも、
大幹線とは異なる寂寥感に惹かれているのかも知れません。
寂しげな場所であるほど人恋しくなりますし、万物に対する愛おしさが湧いてくるような気がします。

鉄道は人間と一緒に様々な想いを乗せているから惹かれます。
昔はマニアックな見方のみが先行して、それを語っても理解されませんでしたが、
昨今、大勢の方とそんな気持ちを共有できるのは嬉しい限りです。

いつもコメント有難うございます。
[ 2013/09/08 23:58 ] [ 編集 ]

こんばんは。
2周年、おめでとうございます。
「とまれみよ」は、言葉と共に目に焼きつきます。
私に足りない部分ですので余計に。。。^^;
[ 2013/09/09 18:57 ] [ 編集 ]

しみじみ

2周年、おめでとうございます。

第2五之町踏切ですね。
日没間近の光に浮かぶ、
踏切標識が泣かせます。

夕暮れ時ってなんで、
しみじみするんですかね。
[ 2013/09/09 20:41 ] [ 編集 ]

とまれみよ

いろもりカラスさま

いやいや、いろもりさんの最近の上達振りを見る限り、ちゃんと止まって見ていると思いますよ。

人が見過ごしてしまう物の前で、歩みを止めてしっかり見る感性こそ写真の基本ですね。

踏切の見方が変わりそうです。(^^;
[ 2013/09/09 21:22 ] [ 編集 ]

DNA

いぬばしりさま

>夕暮れ時ってなんで、しみじみするんですかね。

そうですねえ。私たちの遠い祖先が、沈む太陽に祈り、昇る朝日に祈ったDNAが、
どこからか呼び覚まされるのではと。

原始の風景がそうだったように、なるべくシンプルな風景が、より一層そんな気持ちにさせますね。

その点、いい場所ですねえ。この踏切。
キハ52が居なくなると、何で皆帰っちゃうんでしょうねえ。
[ 2013/09/09 21:30 ] [ 編集 ]

おじゃまします。あの踏切ですね。
お写真、明暗のきいた現像の色合いでとても印象的に感じられました。
私はまだまだそのあたり、未熟なので参考にさせて頂きます。
第四種の踏切って、まだあちこちの路線にあるようですが、いすみ鉄道のものは絵になるところが多いなと思います。
[ 2013/09/09 22:39 ] [ 編集 ]

五之町のライティング

もそあつ さま

鉄道から離れ、自然風景を追っていた時期が長かったこともあって、
朝夕の光のマジックには人一倍惹かれます。

この踏切は遮るものが少ない広大な田園地帯の中にあって、さらに築堤上の高い所にあるため、
紅く染まった夕日がほぼ真横から当たります。
ちょっと非現実的な程のライティングで、こういう場所は滅多にありません。

「青空に踏切」の写真は良く見ますが、ここは奥が深いですよ。


[ 2013/09/09 23:08 ] [ 編集 ]

はじめまして(*^O^*)

大阪の鉄子です(*^O^*)

目指せ!! ゆる鉄のヒロさんのところからきました♪

よろしくお願いいたします(*^O^*)
写真素敵ですね!!

私も、Yahooblogの『ゆる鉄だいすき!!くるみの部屋』で、ゆる鉄アップしています。

よろしくお願いいたします(*^O^*)

私は、南海高野線、北条鉄道、阪堺電車、能勢電鉄などアップしています。

よろしくお願いいたします(*^O^*)
[ 2013/09/10 23:25 ] [ 編集 ]

ようこそいらっしゃいました。

くるみさま

こんばんは。当ブログへようこそ。

こちらこそよろしくお願いいたします。

ブログ拝見しました。沿線の自然や小物を巧みに取り入れたお写真に高いセンスを感じます。
鉄子さんの写真はオトコ目線と異なる斬新さやユルさがあって大好きです。
私の知らない路線が多いですが、くるみさんの個性溢れるお写真を今後も楽しみにしております。
[ 2013/09/11 00:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/587-b73c161c