振り返れば奴がいた

iiyama201211_062kamizakaib.jpg
    飯山線  上境   2012年   




本命カットを撮り終え、やれやれと振り返れば、ドッキリ。

泡を食って構えた写真は構図もピントも無用。

そぼ降る秋雨の一日の、最後のプレゼントは雰囲気という事で。





Pはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2013/09/23 19:59 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(14)

嬉しいハプニング。

風太郎さま

まだ虹鉄には成功しておりません。。。

枯れ尾花は、日本の秋の代表格ですね!
[ 2013/09/23 20:52 ] [ 編集 ]

こんばんは!

秋の始まり、雨上がりのグレーの雲が残り、虹の架け橋をスクエアフォーマットで魅せるところが憎いです。

季節感があり、すてきなカットです。
しばらく非電化路線に行ってない気がします。

久しぶりにローカル線に行きたくなります。
[ 2013/09/23 21:07 ] [ 編集 ]

狂電関人さま

それは大きく、鮮やかな虹でしたよ。

こういうものは、先に気付いて狙っていると肝心な時に消えたりするもので。
無欲な方が天に通じる?
[ 2013/09/23 21:53 ] [ 編集 ]

偶然

heppさま

いやスクエアフォーマットは画面に無駄が多すぎるので苦肉の策です。
本当に振り返るまで気付かなかったので、ままよとレリーズしただけです。
ピントもたまたまフォーカスエリアにあったススキにいってしまいました。
でもこうしてみると意外に悪くないかと。偶然にも頼ってみるものです。
[ 2013/09/23 22:00 ] [ 編集 ]

こんにちは

雨がぱらついてて 日がさしたら もうこれはまちがいない、虹がでるぞ、と
テンション高くなって家を飛び出してしまう私です
(^^;)
虹の持つ不思議というか 幸福感というか とにかくそういう希望のようなものを感じずにはいられません

すすきに虹 向こうへ行くきしゃ
素敵ですねえ・・・・・
得がたい宝物のようです
[ 2013/09/23 23:03 ] [ 編集 ]

千載一遇

風太郎さま、こんばんは。

千載一遇のチャンス、見事に仕留めましたね。

ススキにピンがきたのも大当たりです!

因みに私も、蒸気列車を撮影する時はメインカット

を撮影した後でも、シャッターを切り続けます。

そうすると思いがけない画が撮れたりして。

いわゆる「ラッキーパンチ」なんですが・・・
[ 2013/09/23 23:15 ] [ 編集 ]

雨上がりに

Jam さま

都会でも虹は出るのでしょうが、林立するビルに阻まれて、そのアーチを目の当たりにするのは稀です。

Jam さんのお写真でも素敵なアーチがありましたね。
家を飛び出してかなりの確率で見られるとは、やっぱり自然溢れる北海道です。

虹を見るなんて何年振りだろうかと、見とれてしまいました。
旅の空にあれば、感動もまたひとしおです。
[ 2013/09/23 23:40 ] [ 編集 ]

ラッキーパンチ

いぬばしりさま

自分の頭の中で作った絵など意外に陳腐な場合が多く、
長く記憶に残る写真は意外に偶然の産物、というのはよくありますね。
私もフィルム代の憂いが消えた今は切りまくりますとも。

でもこの時はさすがに「後ろ」には考えが及びませんでした。
もし気付いていたら、多分肝心な時に消えていたと思います。そんなものです。
[ 2013/09/23 23:47 ] [ 編集 ]

風太郎様

長い間 虹を見ていません
下方右下に捉えられた
秋を象徴する尾花
その尾花の入れこみが印象的です
列車は対象的に遥か彼方に走行してします
それだけでも印象深いお写真です
尾花の上にある虹が華やかさを極めています
その虹の光彩がまるで森林を染めたかのような
森林の色彩の美しさにも見惚れました
[ 2013/09/24 06:51 ] [ 編集 ]

こんばんは

虹って難しいですよね。
私はまだ1度も画面に収めたことがありません(もちろん鉄道とという意味で)。

ススキと虹と、あと、テールランプと信号機が効果的にボケているのがとても印象的ですね。

実は稲妻とともに、私の長年の懸案なんですよ。
[ 2013/09/24 19:55 ] [ 編集 ]

予測不能

りらさま

都会で虹はなかなか出会えませんよね。
やっぱり空を大きく見通せる場所でないと。

ここはそんな場所でした。厚い雨雲が切れ、夕陽が雲の隙間から虹の根元を照らした一瞬の出来事。

大自然は予測不能です。



[ 2013/09/25 00:12 ] [ 編集 ]

追えば逃げる

山岡山さま

追えば逃げるモノなのかも知れませんよ。虹だけに。
自然の森羅万象と共にある鉄道を撮らせたらピカイチの山岡山さんですから、
泰然自若に構えていらっしゃれば、相手から微笑んでくれるのでは。
[ 2013/09/25 00:18 ] [ 編集 ]

最高

おはようございます(*^O^*)
私も、時々息をのむ瞬間に出会う時があります。

しかし、そう言う時に限ってカメラはなし(((^^;)

日頃の行いがええんやないかしら…ハハハ(((^^;)
よかったですねぇ♪
[ 2013/09/25 07:43 ] [ 編集 ]

在るがままで

くるみ さま

行いは・・・あまり良くないと思いますが、一度撮りに出たら与えられた天気に好き嫌いを言わず、を心がけております。
ドラマチックな場面は天気の変わり目こそなところもありますので、在るがままで臨めばそのうち幸運の女神が。
[ 2013/09/25 22:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/590-942d0029