音威子府の南北対話

douhoku201208_099take1b 宗谷本線 咲来~天塩川温泉
   宗谷本線  天塩川温泉    2012年



久々の「ねっぷ」ネタ。


ウチの息子が「村立おといねっぷ美術工芸高校」を受験した時は、募集人員と志願者がほぼ同数で、

答案用紙に名前が書ければ入れたに近いが、その翌年から劇的に志願者が増えて3人に2人は不合格

の事態となった。親子共々「1年前で良かった。」とムネを撫で下ろしたのは言うまでもない。


過疎の村立高校に志願者が殺到する事は良い事に違いないのだが、北海道の過疎地域においては学校

選択の余地に乏しく、「不合格」は「進学不能」に直結するため、不合格者が出る事自体が由々しき

問題という側面もあり、いろいろな面で北海道教育界に与えたインパクトは大きかったようだ。


主因のひとつは道外出身者が一気に増えた事で、北海道の公立高校に北海道の子が入れないとしたら

複雑だけれど、ピーク時には3割近く道外で占めていたのでは、と思う。沖縄本島や奄美大島の出身も

いたらしく、彼らは生まれてこのかた本当に一片の雪も見た事が無かったようで、-30℃の気温や

大豪雪を体感したカルチャーショックはいかばかりかと思うところ。


制服を巡るギャップもあって、特に女子の冬服はスカートの他に男子と同じようなスラックスも用意

されていて、どちらでも良い事になっている。(当然ながら厳寒対応。北海道スタンダード?)

しかしちょっと想像すれば分かる通り、「スラックス」はもはや絶望的に「KAWAIKUNAI」から、

学校側の「音威子府は物凄く寒いですからあ」という忠告も聞かず、道外の子は一度は拒否するらしい。

しかし冬を迎えて「事情」が分かれば、どんどん落城するとも聞いたが。


人口800人の小さな過疎の村に全国から集った多感な世代は、この北の風土に何を見て感じたか。

卒業してもこの村に残りたい、という道外出身者も多いと聞くのは、意外なような嬉しいような。



宗谷本線。

名寄出身の子がほとんど乗った経験が無く、帰省の折も普通列車に乗るのを嫌がるそうな。

「あんまり人が乗っていなくて怖いから」との事。うーん。




DSC_0521take1b.jpg
   音威子府村  筬島   2010年




HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2013/10/01 21:47 ] 音威子府 | TB(0) | CM(6)

体験旅行

風太郎さま

電関人としては、マイナス30度の世界を怖いもの見たさに
出かけてみたい気もしますが、今の北海道の旅客会社では行きたくありませんね!
何時になったら安心して渡道できるのかなぁ。
[ 2013/10/01 23:02 ] [ 編集 ]

渡道

狂電関人 さま

まあ列車に乗らずに車で撮れば・・・。
てか、極低温下で車無しでは死にます。

風太郎は安心出来なくても渡道いたします。
[ 2013/10/01 23:55 ] [ 編集 ]

お早う御座います

久々の「ねっぷ」ネタ
興味深く 拝読させて頂きました
私が通った中学高校一貫教育の女子高は
制服図鑑で一番人気になることが多く
新聞にも取り上げられたこともあります
その制服に憧れて入学する子も多く
私もその一人でした
当然のことながら 冬の制服のスカートも膝上です
記事を拝読させて頂き 感慨深いものがありました

二枚目のお写真
実際の目で見ることがない世界
圧倒されました
暫し唖然とする程の自然の厳しさの中
そこにある確かなる美 拝見させて頂きました



[ 2013/10/02 07:21 ] [ 編集 ]

おっ

筬島、確か「あそこ」で拝見したような・・・。
違っていたらごめんなさい。
それにしても、大きく伸ばした作品と
ブログ添付はまったくの別物ですので
大歓迎ですよ。

それにしても、「ねっぷ」はめっちゃ寒いのに、
スラックス拒否とはね~。そういえば、以前
マイナス10度のソウルで、スカートで足出してた
若い女性たちがいたな・・・。
[ 2013/10/02 09:00 ] [ 編集 ]

何処の土地でも

りらさま

田舎の学校ですから、超地味~な制服でしたね。
それでもスカートの長さに関わる学校との攻防戦は都会並みだったようで。
人間より熊や鹿の方が多そうな場所なのに、ファッションへの拘りは女性のDNAでしょうか。

下の写真、気温は-22℃位でしたか。1時間近く粘りましたね。馬鹿にならなければ出来ません。

[ 2013/10/02 22:21 ] [ 編集 ]

極低温の空の下

マイオさま

写真展には出してませんね。

でもこの時撮った写真群があったから写真展やろうと思った位で、
最高の撮影条件の下、無数に撮ったので似た様な写真は多かったかも。

PCのモニターは透過光ですから、反射光で見るプリントとは別の透明感があります。
私はPCで見る写真が好きですね。

放射冷却で冷え切った-30℃の下、ナマ足・ミニスカートで学校と音威子府駅を往復(所要20分弱)する豪傑もいるそうです。
一体どんな「具合」なんでしょうか。
凍傷のリスクさえあり、危険な行為でもあるのですが、女性の執念恐るべし。
[ 2013/10/02 22:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/595-6513d831