旅のたまゆら  序の十

nagasakidoor11982b.jpg
   長崎本線   1982年



時間旅行の扉。

重い取っ手をガラリと引いて。







HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2013/10/05 20:25 ] 旅のたまゆら | TB(0) | CM(2)

渋い戸

風太郎さま

また凄いのを見つけましたね。

時間の扉は何重にも厚塗りされたニスと使い込まれたドアノブの自然な光沢の中に気の遠くなるような過ぎ去りし時間と通り過ぎていった人々の数を雄弁に物語ってます。
[ 2013/10/07 14:21 ] [ 編集 ]

もう少し

狂電関人さま

いやいやこういう客車に何時間も揺られて旅した割には、もう少し撮っとけよと思う事多し。
贅沢なものです。人間は。
[ 2013/10/07 20:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/606-2f7a65e7